デジタルメディアシティ

デジタルメディアシティ朝鮮語: 디지털미디어시티英語: Digital Media City)、略して DMC は、大韓民国ソウル特別市麻浦区上岩洞朝鮮語版にある、ユビキタスネットワークを備えたオフィス、集合住宅、展示施設、会議場、文化センターなどが集まったデジタル技術のハイテク複合再開発地区[1]2002年から2014年にかけて建設されたDMCは、広さが570,000 m2 (6,100,000 sq ft)に及ぶ[2][3]。DMCは、デジタルメディアストリート (Digital Media Street) を中心に、放送、映画、ゲーム、音楽、eラーニング、その他の関連産業が集積したハイテク都市である[4]。DMCには、LGテレコムパンテックLG CNSなどの有名IT企業が進出しており[2]韓国映像資料院朝鮮語版[5]韓国映画博物館朝鮮語版[6]など様々な種類の展示施設もある。

デジタルメディアシティの位置(ソウル特別市内)
デジタルメディアシティ
ソウル市内の位置

直近のデジタルメディアシティ駅には、ソウル交通公社6号線[7]仁川国際空港鉄道 (A'REX)[8]KORAIL京義・中央線が乗り入れている[9]

デジタルメディアシティの住民たちは、「デジタル・シチズン (Digital Citizen)」に由来する「デニズン (Denizens)」と通称されている[10]

この地区の開発において、初期から助言をしたのは、イングランドグレーター・マンチェスターサルフォードにあるメディアシティUKスペインサラゴサのデジタル・マイル (Digital Mile) などの開発に関わった、マイケル・ジョロフ (Michael Joroff) らマサチューセッツ工科大学 (MIT) の建築学・都市計画学のグループであった[11][12]

開発以前編集

上岩洞にあるデジタルメディアシティの敷地は、かつて漢江中州であった蘭芝島がゴミ処理場として埋め立てられて漢江右岸と地続きとなり形成された土地の一部である[13]

観光地として編集

DMCの開発が進んで以降、MBCはDMCに新社屋を構え、機能を汝矣島から移転した。[13][14]。音楽番組を収録するためのホール施設などもあり、屋外に設置された美術品も多く、また、俳優や歌手などの手形が集められたスターパークもあり、新たな観光地としての開発も進められている[14]

脚注編集

  1. ^ ArtAsia: Seoul – the soul of world design Archived 2010-02-05 at the Wayback Machine.
  2. ^ a b Digital Media City DMC (PDF)”. Department of Risk Engineering, SIE, University of Tsukuba. 2017年11月14日閲覧。
  3. ^ Digital Media City (상암 디지털미디어시티 (DMC))”. Korea Tourism Organization. 2017年11月14日閲覧。
  4. ^ Salford City Council. Central Salford. Retrieved on 2013-07-12.
  5. ^ Visiting Us: Sangam”. Korean Film Archive. 2017年11月14日閲覧。
  6. ^ 한국영화박물관”. Seoul Digital Media City. 2017年11月14日閲覧。
  7. ^ 디지털미디어시티 (618)”. 서울도시철도. 2017年11月14日閲覧。
  8. ^ デジタルメディアシティ”. 空港鉄道(株). 2017年11月14日閲覧。
  9. ^ 광역철도 디지털미디어시티역”. 한국철도공사. 2017年11月14日閲覧。
  10. ^ Tech Cities 9:Seoul, technology is embedded in its infrastructure (PDF)”. Savills (2015年). 2017年11月14日閲覧。
  11. ^ New Century City Developments creating extraordinary value: Third Global Workshop: November 9-11, 2009 Seoul, Korea (PDF)”. New Century Cities (2009年). 2017年11月14日閲覧。
  12. ^ Bociurkiw. “Seoul’s Digital Media City (PDF)”. Forbes. 2017年11月14日閲覧。
  13. ^ a b 吉村剛史 (2014年9月22日). “デジタルメディアシティ(DMC)~テレビ局がやってきた新都市”. 韓旅専科 -KTeX. 2017年11月14日閲覧。
  14. ^ a b 新社屋が続々! 韓国テレビ界の新天地、DMC!”. コネスト (2014年8月19日). 2017年11月14日閲覧。

関連項目編集

座標: 北緯37度34分37秒 東経126度53分23秒 / 北緯37.576997度 東経126.889772度 / 37.576997; 126.889772