デスマッチ 檻の中の拳闘

デスマッチ 檻の中の拳闘』(デスマッチ おりのなかのけんとう、Donnybrook)は2018年アメリカ合衆国ドラマ映画。監督はティム・サットン、出演はジェイミー・ベルフランク・グリロなど。フランク・ビル2013年に上梓した小説『Donnybrook』を原作とし、どん底生活から抜け出すため、賞金10万ドルを賭けた格闘技大会「ドニーブルック」に挑む男を描いている[3]

デスマッチ 檻の中の拳闘
Donnybrook
監督 ティム・サットン
脚本 ティム・サットン
原作 フランク・ビル
Donnybrook
製作 デヴィッド・ランカスター英語版
ステファニー・ウィルコックス
製作総指揮 ジョン・シフマン
アンドリュー・シュワルツバーグ
デヴィッド・アトラン・ジャクソン
ジョエル・ティブー
出演者 ジェイミー・ベル
フランク・グリロ
ジェームズ・バッジ・デール
マーガレット・クアリー
音楽 フィリップ・モスマン
撮影 ダヴィド・ウンガロ
編集 スコット・カミングス
製作会社 バックアップ・メディア
ランブル・フィルムズ
ザ・ジョーカーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 IFCフィルムズ英語版
日本の旗 アットエンタテインメント
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年2月15日
日本の旗 2020年6月19日
上映時間 102分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 世界の旗 $26,284[2]
テンプレートを表示

2018年9月に開催された第43回トロント国際映画祭英語版で初上映された[4]

ストーリー編集

元海兵隊員のアールは妻と2人の子供たちと一緒にトレイラー・パークで暮らしていた。アールは家族にもっと良い暮らしをさせてやりたいと思っていたが、腕っ節以外に人より秀でているものはなく、今までの生活を維持するのが精一杯であった。そんなある日、アールは優勝賞金10万ドルの乱闘大会が開催されるという情報を得た。アールは近所のガンショップから金を強奪し、その金で参加費を工面することにした。アールが帰宅すると、そこには借金取り(アンガスと妹のデリア)がいた。アンガスは麻薬の売人としても活動しており、良心のかけらもないことで知られていた。両者の間に険悪な雰囲気が漂ったが、ほどなくして、アンガスは家から出て行った。その後、アールは家族を連れて乱闘大会の会場へと向かった。

アンガスがデリアと帰宅したところ、自宅は炎に包まれていた。火災を引き起こした料理人を殺した後、アンガスはビジネスパートナーのエルドンを訪ねた。アンガスはエルドンに金の無心をしたが、エルドンはそれを素っ気なく断った。怒ったアンガスはデリアにエルドンの殺害を命じた。デリアはエルドンから「アンガスを殺せば、君は自由になれる」と言われたが、結局はアンガスの指示に従った。アンガスから罵倒されるばかりの日々にうんざりしたデリアは、自殺したいという衝動に駆られたが、あと一歩のところで踏みとどまった。そして、デリアはアンガスを銃撃した。デリアはアールの話を盗み聞きしており、麻薬をカバンに詰め込んだ後、乱闘大会の会場へ向かった。その頃、何とか生きていたアンガスはデリアに復讐すると心に誓っており、偶然通りかかった車を強奪して彼女の後を追う。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

製作編集

2017年5月11日、バックアップ・メディアがティム・サットン監督の新作映画に出資すると報じられた[5]。10月17日、ジェイミー・ベル、フランク・グリロ、ジェームズ・バッジ・デール、マーガレット・クアリーの起用が発表された[6]。23日、本作の主要撮影オハイオ州シンシナティで始まった[7]。31日、アダム・バートリーとジェームズ・ランドリー・ヘバートがキャスト入りした[8]。2018年5月1日、フィリップ・モスマンが本作で使用される楽曲を手掛けるとの報道があった[9]

公開・興行収入編集

2018年9月7日、本作は第43回トロント国際映画祭英語版でプレミア上映された[10]。14日、IFCフィルムズが本作の全米配給権を獲得したと報じられた[11]。21日、ファンタスティック・フェスト英語版で本作の上映が行われた[12]。2019年1月25日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[13]。2月15日、本作は全米80館で限定公開され、公開初週末に9802ドル(1館当たり188ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場65位となった[14]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は伸び悩んでいる。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには46件のレビューがあり、批評家支持率は39%、平均点は10点満点で5.5点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『デスマッチ 檻の中の拳闘』が表現しようとしたものは高尚なものであり、キャストには優れた俳優が起用されている。しかし、表層的なストーリーと強烈に過ぎる暴力描写のために、同作の魅力は薄れてしまっている。」となっている[15]。また、Metacriticには15件のレビューがあり、加重平均値は53/100となっている[16]

出典編集

  1. ^ デスマッチ 檻の中の拳闘”. 映画.com. 2020年6月8日閲覧。
  2. ^ Donnybrook (2019)” (英語). The Numbers. 2020年6月8日閲覧。
  3. ^ デスマッチ 檻の中の拳闘”. WOWOW. 2021年3月18日閲覧。
  4. ^ Wilner, Norman (2018年8月8日). “TIFF 2018: Nicole Kidman, Elisabeth Moss films to compete for Platform Prize” (英語). NOW Magazine. https://nowtoronto.com/movies/news-features/tiff-2018-platform-nicole-kidman 2021年3月18日閲覧。 
  5. ^ Keslassy, Elsa (2017年5月11日). “Backup Media to Fully Finance Tim Sutton’s ‘Donnybrook’ (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/global/backup-media-fully-finance-tim-sutton-donnybrook-1202423343/ 2020年6月9日閲覧。 
  6. ^ Kroll, Justin (2017年10月17日). “Frank Grillo, Jamie Bell to Star in Indie ‘Donnybrook’” (英語). Variety. https://variety.com/2017/film/news/frank-grillo-jamie-bell-margaret-qualley-james-badge-dale-donnybrook-1202592241/ 2020年6月9日閲覧。 
  7. ^ Mains, Brian (2017年10月19日). “Brawler film 'Donnybrook' to shoot in Cincinnati” (英語). WPCO. https://www.wcpo.com/entertainment/local-a-e/brawler-film-donnybrook-to-shoot-in-cincinnati 2020年6月9日閲覧。 
  8. ^ N'Duka, Amanda (2017年10月31日). “James Landry Hebert, Adam Bartley Cast In ‘Donnybrook’; Amy Gumenick Joins ‘Bird Box’” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2017/10/james-landry-hebert-adam-bartley-donnybrook-amy-gumenick-bird-box-1202198512/ 2020年6月9日閲覧。 
  9. ^ “Phil Mossman Scoring ‘Donnybrook’” (英語). Film Music Reporter. (2018年5月1日). https://filmmusicreporter.com/2018/05/01/phil-mossman-scoring-donnybrook/ 2020年6月9日閲覧。 
  10. ^ Vlessing, Etan (2018年8月8日). “Toronto: Nicole Kidman Starrer 'Destroyer,' Alex Ross Perry's 'Her Smell' Join Festival Lineup” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/nicole-kidman-destroyer-alex-ross-perry-elisabeth-moss-her-smell-join-tiff-2018-lineup-1133120 2020年6月9日閲覧。 
  11. ^ Setoodeh, Ramin (2018年9月14日). “Toronto: IFC Films Buys ‘Donnybrook’ Starring Jamie Bell (EXCLUSIVE)” (英語). Variety. https://variety.com/2018/film/news/toronto-ifc-films-buys-donnybrook-starring-jamie-bell-exclusive-1202942455/ 2020年6月9日閲覧。 
  12. ^ Ramos, Dino-Ray (2018年9月21日). “Fantastic Fest: ‘Halloween’, ‘Hold The Dark’, ‘Climax’ Set For Second Wave Of Programming” (英語). Deadline.com. https://deadline.com/2018/08/fantastic-fest-halloween-hold-the-dark-climax-the-boat-second-wave-programming-1202449935/ 2020年6月9日閲覧。 
  13. ^ Donnybrook - Official Trailer HD IFC Films” (英語). YouTube. IFC Films (2019年1月25日). 2020年6月9日閲覧。
  14. ^ Domestic 2019 Weekend 7 / February 15-17, 2019” (英語). Box Office Mojo. 2020年6月9日閲覧。
  15. ^ Donnybrook (2018)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年3月18日閲覧。
  16. ^ Donnybrook Reviews”. Metacritic. 2020年6月9日閲覧。

外部リンク編集