メインメニューを開く

デモンズ3』(La Chiesa)は、1988年イタリアで公開されたダリオ・アルジェントプロデュース、ミケーレ・ソアヴィ監督作品である。日本では1990年に公開された。

デモンズ3
La Chiesa
監督 ミケーレ・ソアヴィ
脚本 ダリオ・アルジェント
フランコ・フェリーニ
ミケーレ・ソアヴィ
製作 ダリオ・アルジェント
マリオ・チェッキゴリ
ヴィットリオ・チェッキゴリ
撮影 レナート・タフリ
公開 イタリアの旗 1989年3月10日
日本の旗 1990年8月18日
上映時間 102分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
前作 デモンズ2
次作 デモンズ4
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

中世イタリア、ある村がチュートン騎士団によって悪魔崇拝者たちと思われた村の虐殺が行われた。さらに村人たちが蘇らぬよう、死体の上に教会が建てられ、秘密の封印が施された。

時は移り現代、教会に司書として赴任したエバンは好奇心と功名心から古文書を解読した上に誤って封印を説いてしまう。 エバンは自ら心臓を抉り出した末、翌日何もなかったかのように出勤するが、人が変わったように好色になっていた。 エバンにセクハラを受けた堂守ヘルマンの娘ロッテは父親に訴えるが、ヘルマンは人が変わったようにロッテを折檻する。我に返ったヘルマンは恐ろしさのあまり錯乱し、懺悔室で「悪魔に取り付かれた」と告白すると封印のあった地下室で削岩機を腹に突き立て自殺してしまった。

教会には悪魔が復活した際に外に逃がさないように仕掛けが施してあり、削岩機の衝撃でこの仕掛けが作動。 撮影のために教会を訪れいていたブライダルモデルの撮影隊一行や社会科見学の子供たち、ライダーのカップルや観光客の老夫婦は外部から遮断され閉じ込められてしまった。 虐殺された村人たちの怨念は封印を解かれ悪魔となって甦り、閉じ込められた人達を次々に蝕んでいく。 言い伝えで真相を知っていた司教は「すべては神の思し召しだ」と語ると古文書を破り捨て鐘楼から飛び降りて自殺してしまった。教会に住むガス神父とロッテはこの事態に立ち向かい、教会の秘密に迫ってゆく。

スタッフ編集

キャスト編集

逸話編集

  • 「デモンズ」というタイトルが付いてある作品は数多くあるものの、実際には『デモンズ』と『デモンズ2』の2作のみが正式なシリーズであり、その後作られたものはダリオ・アルジェントやミケーレ・ソアヴィ、もしくは『デモンズ』と『デモンズ2』の監督ランベルト・バーヴァが関わっているというだけで付けられている物がほとんどである(中にはまったく無関係の物もある)。デモンズ3というタイトルはあくまで邦題であり、本作はデモンズの3作目ではない。ただ、本作は元々デモンズの3作目を作る予定であったが様々な事情により断念され、新たに企画され作られた作品なので、まったく関連がないという訳ではない。
  • 「デモンズ」の第一作で仮面の怪人役を演じたソアヴィだが、今作ではリサの通報で駆け付けた警察官役でカメオ出演している。

外部リンク編集