デモンズ4』(La Setta)は、1991年イタリアで公開されたダリオ・アルジェントのプロデュース、ミケーレ・ソアヴィの監督による映画である。 なお、本作はソアヴィとアルジェントによる共同作品である『デモンズ3』と同様に、タイトルはあくまで邦題であり、『デモンズ』の4作目ではない。

デモンズ4
La Setta
監督 ミケーレ・ソアヴィ
脚本 ダリオ・アルジェント
ミケーレ・ソアヴィ
製作 ダリオ・アルジェント
音楽 ピノ・ドナッジオ
撮影 ラファエル・メルテス
編集 フランコ・フラティチェリ
公開 イタリアの旗 1991年
上映時間 116分
製作国 イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
前作 デモンズ3
次作 デモンズ5
テンプレートを表示

ストーリー編集

1970年、南カリフォルニアで、ヒッピーグループが悪魔崇拝者によって儀式の生贄にされて虐殺される。時が経ち、1991年のドイツのフランクフルトで、悪魔崇拝者の男が裏切り者の心臓を持ち歩く事件が起き、男は警察に取り押さえられた隙に拳銃自殺する。一方、ゼーリゲンシュタットの近くで、教師のミリアム・クライスルは年配の男性メビウス・ケリーを車で轢きかけてしまい、ミリアムはケリーを家に泊めて看病をする。その夜、ケリーは眠っている彼女の鼻に得体の知れない虫を潜り込ませる。その後、ミリアムは悪夢で目が覚め、ケリーが死んでいるのを発見する。警察によって彼の死体は処理されたが、その日から生徒の母親が行方不明になったり、ミリアムの家に来た友人のキャサリンが怪奇現象に遭遇した末に自殺するなど、奇妙な事件が起きていた。やがて、死んだはずのケリーから電話がくるようになったことから、ミリアムは一連の出来事の背後にケリーがいると悟る。ミリアムは、医者の青年フランクの協力を得てケリーが悪魔崇拝に深く繋がりがあることを突き止める。

スタッフ編集

キャスト編集

  • ミリアム・クライスル:ケリー・カーティス
  • メビウス・ケリー:ハーバート・ロム
  • キャサリン:マリアンジェラ・ジョルダーノ
  • フランク・ペルナート:ミシェル・ハンス・アダッテ
  • パーナート医師:カーラ・カッソーラ
  • クレア・ハインツ:アンジェリカ・マリア・ボーク
  • マーティン・ロメロ:ジョバンニ・ロンバルド・ラディス
  • ジョナサン・フォード:ドナルド・オブライエン
  • テレビのマジシャン:ミケーレ・ソアヴィ

逸話編集

外部リンク編集