トゥクムス空港とは、ラトビアの町トゥクムスから南東に5 kmの位置にある空港である。一つの長いエプロンコンクリート舗装された滑走路を持った軍用空港であったが、2005年に民間空港となった[1]

トゥクムス空港
IATA: なし - ICAO: EVTA
概要
国・地域  ラトビア
所在地 トゥクムス
種類 公共用
標高 71 m
座標 北緯56度56分33秒 東経023度13分26秒 / 北緯56.94250度 東経23.22389度 / 56.94250; 23.22389座標: 北緯56度56分33秒 東経023度13分26秒 / 北緯56.94250度 東経23.22389度 / 56.94250; 23.22389
公式サイト http://www.tukums-airport.lv/
地図
ラトヴィア内の位置
ラトヴィア内の位置
EVTA
ラトヴィア内の位置
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
14/32 2,502×44 コンクリート
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

歴史編集

トゥクムス空港は1945年はじめ、ソビエト連邦によって軍用空港として建てられた。冷戦時代にはソ連海軍によって運営され、第668海軍シュトゥルモヴィーク航空連隊によってSu-24が運用されていた[2]。また、他の出典によれば第240海軍シュトゥルモヴィーク航空連隊が駐屯していた[3]

ソ連崩壊後、ラトビアの領域内に残されたトゥクムス空港は空港ビルもろとも破壊されたが、2005年に現代技術を高い水準で備えた近代的な空港ビルが再建され、民間空港として再生を果たした。

出典編集

  1. ^ トゥクムス空港公式サイト
  2. ^ Mason, R. A. (1986). Aircraft, Strategy and Operations of the Soviet Air Force. Jane's Publishing Company Limited. ISBN 0710603738. 
  3. ^ Aviatsiya VMF”. Aviabaza KPOI. 2010年10月26日閲覧。