トゥコージー・ラーオ・ホールカル


トゥコージー・ラーオ・ホールカル(Tukoji Rao Holkar, 1723年 - 1797年8月15日)は、インドマラーター同盟ホールカル家の当主(在位:1767年 - 1797年)。

トゥコージー・ラーオ・ホールカル
Tukoji Rao Holkar
ホールカル家当主
Tukoji Rao Holkar.png
トゥコージー・ラーオ・ホールカル
在位 1767年 - 1797年
戴冠式 1767年12月11日
別号 サルダール
マハーラージャ

出生 1723年
死去 1797年8月15日
プネー
配偶者 アヒリヤー・バーイー・ホールカル
  ほか数名
子女 カーシー・ラーオ・ホールカル
マルハール・ラーオ・ホールカル
ヤシュワント・ラーオ・ホールカル
ヴィトージー・ラーオ・ホールカル
王家 ホールカル家
父親 タヌージー・ホールカル
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1723年、トゥコージー・ラーオはホールカル家の一族タヌージー・ホールカルの息子として生まれた[1]

1755年頃、ホールカル家の未亡人だったアヒリヤー・バーイー・ホールカル と結婚した[2]

1766年5月、ホールカル家当主マルハール・ラーオ・ホールカルが死亡し、当主位を継いだアヒリヤー・バーイーの息子マーレー・ラーオ・ホールカルも翌年4月に死亡した。これにより、トゥコージー・ラーオはホールカル家の当主である妻アヒリヤー・バーイー・ホールカルの共同統治者となったが、彼はホールカル家の軍総司令官として働いた[3]

また、トゥコージー・ラーオはジャートバラトプル王国に攻撃をかけ、1773年にはバラトプルにまで攻め入った。のち、バラトプル王国はホールカル家の同盟者となった。

1777年には、第一次マラーター戦争でイギリス軍を破り、ペーシュワーによりカーンデーシュブンデールカンドの地を与えられた[4]

後年、トゥコージー・ラーオ・ホールカルはプネーの宰相府に滞在し、1784年6月にはその指揮官として、マイソール王国ティプー・スルターンガジェーンドラガドの戦いで争っている。

この時期、シンディア家のマハーダージー・シンディアが台頭してきたが、トゥコージー・ラーオは彼と幾度かの戦いを行っている。

1797年1月29日、トゥコージー・ラーオ・ホールカルは長男カーシー・ラーオ・ホールカルに当主位を譲り、8月15日にプネーで死去した[5]

出典・脚注編集

関連項目編集