トゥコージー・ラーオ・ホールカル2世

トゥコージー・ラーオ・ホールカル2世(Tukoji Rao Holkar II, 1835年5月3日 - 1886年6月17日)は、インドホールカル家の当主及びインドール藩王国の君主(在位:1844年 - 1886年)。

トゥコージー・ラーオ・ホールカル2世
Tukoji Rao Holkar II
ホールカル家当主
インドール藩王
Tukoji Rao Holkar II.jpg
トゥコージー・ラーオ・ホールカル2世
在位 1844年 - 1886年
戴冠式 1844年6月27日
別号 マハーラージャ

出生 1835年5月3日
死去 1886年6月17日
マヘーシュワルマヘーシュワル城
子女 シヴァージー・ラーオ・ホールカル
王家 ホールカル家
父親 サントージー・ラーオ・ホールカル
母親 クリシュナ・バーイー・ホールカル(養母)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

生涯編集

1835年5月3日、トゥコージー・ラーオ・ホールカルはホールカル家の一族サントージー・ラーオ・ホールカルの息子として生まれた[1]

1844年3月17日、当主であり藩王カンデー・ラーオ・ホールカル2世は治世一年にも満たずに死亡した[2]

そのため、トゥコージー・ラーオがイギリスによって選ばれ、故ヤシュワント・ラーオ・ホールカルの妃クリシュナ・バーイー・ホールカルの養子となり、新当主および藩王となった[3]

1877年1月1日、トゥコージー・ラーオはデリー・ダルバールへ参加し、その際21発の祝砲を受けた[4]。また、同年からその没年まで、インドにおけるヴィクトリア女王の参事官であった。

1886年6月17日、トゥコージー・ラーオは死亡し、息子のシヴァージー・ラーオ・ホールカルが王位を継承した[5]

出典・脚注編集

関連項目編集