トゥルヌド・ロッシーニ

トゥルヌド・ロッシーニは、19世紀の作曲家ジョアキーノ・ロッシーニにちなんで名付けられたフランスのステーキ料理である。牛ヒレ肉のロッシーニ風ともいう。[1]発明者は、フランスの名シェフ、アントナン・カレーム[2]またはアドルフ・デュグレ、またはサヴォイ・ホテルのシェフ、オーギュスト・エスコフィエである。[3]

トゥルヌド・ロッシーニ
Tournedos Rossini with Truffle Madeira Sauce.jpg
トリュフマデイラソースを駆けたトゥルヌド・ロッシーニ
発祥地 フランス
考案者 Marie-Antoine Carême
提供時温度
主な材料 ヒレ, フィレミニョン
テンプレートを表示
Tournedos Rossini Dish.jpg

この料理ではバターでソテーした牛肉のヒレ(フランス語では、Tournedos。フィレミニョン[4])にクルトンが添えられ、その上に軽くソテーした新鮮なフォアグラのホットスライス[5]がのせられる。料理には黒トリュフのスライスが添えられ、マデイラドミグラスソースが掛けられる。[5][6]

参考文献編集

  1. ^ Jones, Roger (2009). What's Who?: A Dictionary of Things Named After People and the People They are Named After. Leicester: Troubador Publishing. p. 256. ISBN 9781848760479 
  2. ^ Composers In The Kitchen: Gioachino Rossini's Haute Cuisine”. National Public Radio (2010年11月25日). 2013年2月6日閲覧。
  3. ^ Augustin, Andreas. "Famous Hotels in the World – London: The Savoy", 4Hoteliers, 30 October 2006, accessed 4 September 2013.
  4. ^ "What are tournedos of beef?"
  5. ^ a b Gisslen, Wayne (2006). Professional Cooking, College Version. John Wiley and Sons. p. 317. ISBN 0471663743. https://books.google.com/books?id=hxcH5o9QeywC&pg=PA317&dq=Tournedos+Rossini 2012年12月13日閲覧。 
  6. ^ "Tournedos Rossini recipe"

外部リンク編集