トニーノ・ヴァレリ

トニーノ・ヴァレリTonino Valerii, 本名:Antonio Valerii、1934年5月20日 - 2016年10月13日)は、イタリア映画監督脚本家アブルッツォ州テーラモ出身。

トニーノ・ヴァレリ
Tonino Valerii
本名 Antonio Valerii
別名義 Robert Bohr
生年月日 (1934-05-20) 1934年5月20日
没年月日 (2016-10-13) 2016年10月13日(82歳没)
出生地 イタリアの旗 イタリアテーラモ
死没地 イタリアの旗 イタリアテーラモ
職業 映画監督、脚本家
テンプレートを表示

セルジオ・レオーネ監督、クリント・イーストウッド主演の『荒野の用心棒』で助監督を務め、クレイグ・ヒルを主演に据えた『さすらいの一匹狼』で映画監督デビュー。『怒りの荒野』や『ミスター・ノーボディ』などの名作を手掛け、マカロニ・ウェスタンの名匠の一人と評されている。“最後のマカロニ・ウェスタン”と呼ばれている『ミスター・ノーボディ』はヴァレリの監督作品だが、DVDのジャケットやレオーネの発言によると、冒頭の早撃ちやクライマックスの決闘などのアクションシーンはレオーネが演出したとされており、キャストのテレンス・ヒルもインタビューで認めているが、ヴァレリはこれを否定している[1][2][3]

マカロニ・ウェスタンの衰退後は主にアクション映画を撮り、日本・イタリア合作の刑事アクション映画『シャタラー』(主演・吉川晃司)も監督している。また『シャタラー』には三船敏郎も出演しているが、前述の『荒野の用心棒』は三船主演の黒澤明監督作品『用心棒』のリメイクである。

2016年10月13日、82歳で死去[4]

主な作品編集

※は脚本も担当。

脚注編集

  1. ^ Frayling, Christopher. Sergio Leone: Something to Do With Death , Faber & Faber, 2000. ISBN 0-571-16438-2
  2. ^ Intervista a Terence Hill”. terencehill.it (2002年6月15日). 2016年9月9日閲覧。
  3. ^ Intervista a Tonino Valerii”. terencehill.it (2003年12月10日). 2016年9月9日閲覧。
  4. ^ Addio a Tonino Valerii, ombra di Sergio Leone.”. Terza Pagina (2016年10月14日). 2016年10月14日閲覧。

外部リンク編集