メインメニューを開く

トニー・アタナシオTony Attanasio)はメジャーリーグスポーツエージェントイチロー佐々木主浩といった日本人選手のメジャーリーグでの契約に携わってきた事で知られる。2000年からはイチローの代理人を長年務めた。現在は高齢のため(健康上の理由のため)仕事を控えているとみられる[1][2]

略歴編集

コネチカット大学野球サッカーをし、サッカーでは全米選抜、野球とサッカーの両方でニューイングランド選抜に選ばれるなどし、一時期プロとしてプレーもしていた。会計の修士号を取る一方でウェスタン・ステート法律学校にも通い、学位を取得。プロスポーツ選手のマネージメントを行うADAファイナンシャルを設立する。ADAファイナンシャルはクライアントであるプロスポーツ選手に対し、納税や法律に関するアドバイスなどを提供している。近年最大の顧客はイチローで、契約の交渉の他、通訳や肖像権管理なども手がけていた。対応する顧客はメジャーリーグの選手には特段限らず、監督コーチなども手がけている。最近ではイチローのサインボール、サインユニフォームを量産販売している。[1]

主なクライアント編集

出典編集