プロ野球コーチ

野球の指導者(コーチ)

プロ野球コーチプロ野球におけるコーチ)とは、監督ヘッドコーチの補佐役としてチーム(球団)が円滑に機能するように支援する役職である。

ニューヨーク・ジャイアンツダッグアウト(1909年)。手前はこの年に史上初の専任コーチに就任した三塁コーチのアーリー・レイサム英語版。中央は投手コーチのウィルバート・ロビンソン

歴史編集

プロ野球監督コーチが一般的に、選手と同様に背番号を付けたユニフォームを着用しているという点で非常に特殊なプロスポーツである[1]。この顕著な例外は1901年から1950年までフィラデルフィア・アスレチックスの監督を50年間務め続けたコニー・マック(ビジネス用のブラックスーツを着用[2])と1931年から1950年までニューヨーク・ヤンキースボストン・レッドソックスの監督を務めたジョー・マッカーシー(背番号が普及していた時代に背番号の入っていないユニフォームを着用[3])である。

メジャーリーグベースボール(MLB)においては、1909年シーズンにニューヨーク・ジャイアンツジョン・マグロー監督によって三塁コーチの仕事を与えられたアーリー・レイサム英語版が初の専任コーチとして知られている[4]。以後は他のチームもこれに追随し、1920年代には全てのMLBのチームが選手兼任コーチに替わり、有給の専任コーチを置くようになっていた[1]。コーチ数の増加に対処して1960年代には試合中にダッグアウトに配置出来る監督は1人、コーチは6人までに制限された[1][5]

日本プロ野球(NPB)でコーチとして所属する者の数は、一軍二軍あわせて20人程度とされる[6]。公式戦ではコーチが試合中にベンチ入りできる人数が8人に制限されており、オーバーする場合はスコアラー・マネージャー・打撃投手ブルペン捕手などチームスタッフとしてベンチ入りさせ、この場合はユニフォームは着用しない。特にトレーニングコーチ(あるいはコンディショニングコーチ)はトレーナーとしてベンチ入りすることが常態化している。試合でユニフォームを着用する機会が無くとも背番号が付与されている。

コーチの背番号はMLBでは特に決まってはないが、NPBでは大体70・80・90番台に集中している。

役割編集

ヘッドコーチ編集

ヘッドコーチチーフコーチベンチコーチ)は基本的にはチーム内で監督に次ぐ2番目の序列を有する監督の補佐役である。主に作戦面を担当して監督に状況に応じた助言を提供している[1][7]。監督が出場停止退場処分になった場合、または病気や個人的な理由などで試合に出場出来ない場合には監督代行を務める[1]

2023年のNPBのヘッドコーチ
セントラル・リーグ
球団 一軍 ファーム
読売ジャイアンツ 阿部慎之助 なし
阪神タイガース 平田勝男 なし
中日ドラゴンズ 落合英二 なし
横浜DeNAベイスターズ なし なし
広島東洋カープ 藤井彰人 なし
東京ヤクルトスワローズ なし 城石憲之
パシフィック・リーグ
球団 一軍 ファーム
オリックス・バファローズ 水本勝己 中垣征一郎(巡回ヘッド)
福岡ソフトバンクホークス 森浩之 なし
北海道日本ハムファイターズ 林孝哉 なし
千葉ロッテマリーンズ 福浦和也 なし
埼玉西武ライオンズ 平石洋介 なし
東北楽天ゴールデンイーグルス なし なし

総合コーチ編集

総合コーチ総合ヘッドコーチ野手総合コーチ総合ベンチコーチ総合チーフコーチ野手総合チーフコーチ打撃総合コーチ投手総合コーチ守備走塁総合コーチ総合特命コーチ総合守備コーチ)は球団により異なるが、ヘッドコーチと同じように作戦面等で監督を補佐する球団もある。また、ヘッドコーチが投手出身者の場合に野手部門のヘッド格として務めるケースもある。また、投手全般または野手全般(打撃、守備走塁、バッテリー)を統括することもある。次期監督に向けて勉強するために監督の下で総合コーチを務めるケースもある。

2023年のNPBの総合コーチ
セントラル・リーグ
球団 一軍 ファーム
読売ジャイアンツ 川相昌弘 安藤強(二軍)
阪神タイガース なし なし
中日ドラゴンズ なし なし
横浜DeNAベイスターズ なし なし
広島東洋カープ なし なし
東京ヤクルトスワローズ なし なし
パシフィック・リーグ
球団 一軍 ファーム
オリックス・バファローズ 風岡尚幸(野手総合)
福岡ソフトバンクホークス なし なし
北海道日本ハムファイターズ なし なし
千葉ロッテマリーンズ なし なし
埼玉西武ライオンズ なし 小関竜也(野手総合)
清川栄治(投手総合)
東北楽天ゴールデンイーグルス 佐竹学(野手総合) 奈良原浩(育成総合)

作戦コーチ編集

作戦コーチ戦略コーチ)は、ヘッドコーチと同じ役割で設置されている球団もあるが、ヘッドコーチとは別に作戦コーチを設置し作戦面に特化するパターンもある。

2023年のNPBの作戦コーチ
球団 コーチ
読売ジャイアンツ 元木大介
横浜DeNAベイスターズ 相川亮二(チーフ作戦)
東京ヤクルトスワローズ 松元ユウイチ
嶋基宏(補佐)
千葉ロッテマリーンズ 金子誠(戦略)

投手コーチ編集

ベンチ担当編集

投手コーチ投手総合コーチ投手チーフコーチチーフ投手コーチ)は1人のみが担当し、チーム内の投手全員の指導を担当する。

通常は投手出身者が務めるが、稀に元捕手ながら務めたデーブ・ダンカン英語版のような例外もある[1]

スプリングトレーニング春季キャンプ)の時期から全ての投手の能力を評価し、体調を管理し、投球に関しての助言を行う。分析した結果から監督に投手の起用策について提言を行う[1]。投手が疲れている時や、イニングの途中に指示を伝達する必要がある場合にマウンドを訪問する[7]

日本のプロ野球では基本的に2人が担当し、1人がベンチ担当、もう1人はブルペン担当として登録することが殆どである。

2023年のNPBの投手コーチ
セントラル・リーグ
球団 一軍 ファーム
読売ジャイアンツ 阿波野秀幸(投手チーフ)
山口鉄也
三澤興一(二軍投手チーフ)
青木高広(二軍)
杉内俊哉(三軍投手チーフ)
矢貫俊之(三軍)
大竹寛(巡回投手)
久保康生(巡回投手)
阪神タイガース 安藤優也
久保田智之
福原忍
江草仁貴
中日ドラゴンズ 落合英二
大塚晶文
浅尾拓也
山井大介
横浜DeNAベイスターズ 齋藤隆(チーフ投手)
木塚敦志
大家友和
小杉陽太
広島東洋カープ 菊地原毅
横山竜士
高橋建
永川勝浩
東京ヤクルトスワローズ 伊藤智仁
石井弘寿
尾花高夫(投手チーフ)
小野寺力
松岡健一
パシフィック・リーグ
球団 一軍 ファーム
オリックス・バファローズ 厚澤和幸
平井正史
高山郁夫
岸田護
入来祐作
福岡ソフトバンクホークス 齋藤学
斉藤和巳
髙村祐(二軍)
田之上慶三郎(二軍)
若田部健一(三軍)
寺原隼人(三軍)
中田賢一(四軍)
北海道日本ハムファイターズ 建山義紀
加藤武治
伊藤剛
島崎毅
千葉ロッテマリーンズ 黒木知宏
小野晋吾
大谷智久(チーフ投手)
大隣憲司
松永昂大
埼玉西武ライオンズ 豊田清
青木勇人
長田秀一郎
内海哲也
大石達也
東北楽天ゴールデンイーグルス 小山伸一郎
石井貴
永井怜
久保裕也

ブルペン担当編集

投手コーチブルペンコーチ)は基本的にはリリーフ投手のみにその指導範囲が限定されている。通常は投手または捕手の出身者が務める[1][7]

投手コーチが試合中にダッグアウト入りしている間、ブルペンコーチはブルペンに待機してリリーフ投手に付き添い、彼らの仕上がりを確認する[1][7]

日本のプロ野球では、ブルペンコーチとして登録することは稀である。

2023年のNPBのブルペンコーチ
球団 コーチ 出身
読売ジャイアンツ 村田善則(一軍) 捕手出身

バッテリーコーチ編集

バッテリーコーチチーフバッテリーコーチバッテリーチーフコーチ捕手コーチ)は主として捕手の育成指導に当たる[8]

スローイングとキャッチングの基本から、打者心理を読んだ配球を投手に指示するリードまで教える内容は幅広い[8]。また、投手コーチがバッテリーコーチも兼任することもある。

2023年のNPBのバッテリーコーチ
セントラル・リーグ
球団 一軍 ファーム
読売ジャイアンツ 阿部慎之助 加藤健(二軍)
市川友也(三軍)
阪神タイガース 嶋田宗彦 野村克則
日高剛(補佐)
中日ドラゴンズ 西山秀二 小田幸平
横浜DeNAベイスターズ 相川亮二 鶴岡一成
広島東洋カープ 石原慶幸 倉義和
東京ヤクルトスワローズ 嶋基宏 衣川篤史
パシフィック・リーグ
球団 一軍 ファーム
オリックス・バファローズ 齋藤俊雄
山崎勝己
福岡ソフトバンクホークス 的山哲也 髙谷裕亮(二軍)
吉鶴憲治(三軍)
清水将海(四軍)
北海道日本ハムファイターズ 山田勝彦 山中潔
千葉ロッテマリーンズ 金澤岳 福澤洋一
埼玉西武ライオンズ 野田浩輔 中田祥多(二軍)
荒川雄太(三軍)
東北楽天ゴールデンイーグルス 的場直樹 田中雅彦

打撃コーチ編集

打撃コーチ打撃総合コーチ打撃チーフコーチチーフ打撃コーチチーフ野手コーチ野手チーフコーチ)はチーム内の打者全員の指導を担当する。

打撃技術の向上を手助けするために試合前の打撃練習も含めて打者のスイングを確認し、打撃に関しての助言を行う。

ビデオ技術が導入されてからは映像解析によってスイングの問題点の迅速な発見が可能になった[1]

2023年のNPBの打撃コーチ
セントラル・リーグ
球団 一軍 ファーム
読売ジャイアンツ 大久保博元(チーフ打撃)
亀井善行
橋本到(二軍)
小笠原道大(三軍)
石井昭男(巡回)
ゼラス・ウィーラー(コーディネーター)
阪神タイガース 水口栄二
今岡真訪
北川博敏
山崎憲晴
中日ドラゴンズ 和田一浩
森野将彦
中村紀洋
上田佳範
横浜DeNAベイスターズ 石井琢朗(チーフ打撃)
鈴木尚典
田代富雄(巡回)
嶋村一輝
下園辰哉
広島東洋カープ 朝山東洋
迎祐一郎
福地寿樹
新井良太
東京ヤクルトスワローズ 杉村繁
大松尚逸
宮出隆自
畠山和洋
パシフィック・リーグ
球団 一軍 ファーム
オリックス・バファローズ 辻竜太郎
小谷野栄一
髙橋信二
福岡ソフトバンクホークス 吉本亮
長谷川勇也
村上隆行(二軍)
明石健志(二軍)
大道典良(三軍)
城所龍磨(三軍)
森笠繁(四軍)
北海道日本ハムファイターズ 八木裕 佐藤友亮
渡辺浩司
千葉ロッテマリーンズ 福浦和也
村田修一
堀幸一
栗原健太
埼玉西武ライオンズ 嶋重宣
高山久
小関竜也
大島裕行
東北楽天ゴールデンイーグルス 雄平
後藤武敏
渡辺直人(補佐)
川島慶三
今江敏晃

守備走塁コーチ編集

守備走塁コーチ守備走塁総合コーチ総合守備コーチ守備コーチ走塁コーチ野手コーチ)は、捕手を除く野手の守備走塁の指導を担当する。試合前のノックや試合中のベースコーチとして走塁指示なども担当する。

ベースコーチは試合中に一塁および三塁付近のファウルゾーン内に設けられたコーチャーズボックス内にそれぞれ1人ずつ位置する。

  • 一塁ベースコーチの主な任務は投手の牽制球の癖を見抜いて一塁走者に二塁への盗塁を試行するタイミングについての指示や、打者走者に一塁で止まるか先の塁へ進むかの指示を出す事である[1]
  • 三塁ベースコーチはダッグアウト内に位置する監督の指示を打者に伝達したり、相手チームの外野手の送球の速度・精度を予め把握した上で、打球の勢いや走者の走力なども考慮に入れて走者を本塁へ突入させるか否かの重要な判断を一瞬で行う必要がある[1][7]。本塁で走者がアウトになった時には、批判の的になってしまう事も少なくない[7]

ただし、ベースコーチはあくまでも試合中の「仕事・役割」でありチーム内における「職務・肩書」ではない。そのため、基本的に守備・走塁を担当するコーチが当てられるが、オープン戦では新任コーチが経験を積むためにベースコーチに就いたり、シーズン中も他の野手を担当するコーチに当てられたり担当を代えられたりすることもあるほか、伊原春樹のように監督自らがベースコーチを担当する例もある。

2023年のNPBの守備走塁コーチ
セントラル・リーグ
球団 一軍 ファーム
読売ジャイアンツ 元木大介(内野)
鈴木尚広(外野・走塁)
古城茂幸(二軍内野・走塁)
橋本到(二軍外野)
脇谷亮太(三軍内野)
金城龍彦(三軍外野・走塁)
阪神タイガース 馬場敏史(内野・走塁)
藤本敦士(内野・走塁)
筒井壮(外野・走塁)
田中秀太(内野・走塁)
工藤隆人(外野・走塁)
中日ドラゴンズ 荒木雅博(内野・走塁)
大西崇之(外野・走塁)
森越祐人(内野・走塁)
中村豊(外野・走塁)
横浜DeNAベイスターズ 田中浩康(内野・走塁)
小池正晃(外野・走塁)
永池恭男(内野・走塁)
柳田殖生(外野・走塁)
広島東洋カープ 赤松真人(外野・走塁)
小窪哲也(内野・走塁)
廣瀬純(外野・走塁)
東出輝裕(内野・走塁)
東京ヤクルトスワローズ 森岡良介(内野・走塁)
河田雄祐(外野・走塁)
城石憲之(守備・走塁)
佐藤真一(外野・走塁)
パシフィック・リーグ
球団 一軍 ファーム
オリックス・バファローズ 梵英心(内野・走塁)
小島脩平(内野・走塁)
田口壮(外野・走塁)
松井佑介(外野・走塁)
福岡ソフトバンクホークス 松山秀明(内野・走塁)
村松有人(外野・走塁)
本多雄一(二軍内野・走塁)
井出竜也(二軍外野・走塁)
金子圭輔(三軍内野・走塁)
城所龍磨(三軍外野・走塁)
笹川隆(四軍内野・走塁)
高波文一(四軍外野・走塁)
北海道日本ハムファイターズ 飯山裕志(内野・走塁)
森本稀哲(外野・走塁)
代田建紀(走塁)
稲田直人(内野・走塁)
紺田敏正(外野・走塁)
千葉ロッテマリーンズ 小坂誠(内野・走塁)
大塚明(外野・走塁)
根元俊一(内野・走塁)
諸積兼司(外野・走塁)
伊志嶺翔大(走塁)
埼玉西武ライオンズ 黒田哲史(内野・走塁)
赤田将吾(外野・走塁)
阿部真宏(二軍内野・走塁)
熊代聖人(二軍外野・走塁)
鬼崎裕司(三軍守備)
東北楽天ゴールデンイーグルス 塩川達也(内野・走塁)
渡辺直人(内野・走塁)
佐竹学(外野・走塁)
西村弥(内野・走塁)
岡田幸文(外野・走塁)

育成コーチ編集

育成コーチ育成総合コーチ)は、ファーム(二軍・三軍)に設置されることが多く、選手の育成を手助けするコーチのことである。他のコーチと異なり、試合には同行せず本拠地に残り、選手を指導することが多い。

2023年のNPBの育成コーチ
球団 コーチ
中日ドラゴンズ 渡邉博幸(野手)
横浜DeNAベイスターズ 大村巌(打撃)
藤田和男(野手)
八木快(投手)
広島東洋カープ 小林幹英(投手育成強化)
東京ヤクルトスワローズ 土橋勝征(チーフ)
山本哲哉(投手)
オリックス・バファローズ 波留敏夫(チーフ)
由田慎太郎
鈴木昂平
飯田大祐
北海道日本ハムファイターズ 伊藤剛(育成コーディネーター)
佐藤友亮(野手育成コーディネーター)
千葉ロッテマリーンズ 伊志嶺翔大(野手)
松永昂大(投手)
東北楽天ゴールデンイーグルス 奈良原浩(総合)
牧田明久(守備・走塁)

テクニカルコーチ編集

テクニカルコーチは、打撃、守備・走塁等の野手全般または、投手全般を総合的に指導するコーチのことである。

一例としては、2018年シーズンに埼玉西武ライオンズ松井稼頭央が務めた。

特命コーチ編集

特命コーチは、主に外国人選手を指導するコーチのことである。

一例としては、2002年から2003年まで阪神タイガースの特命コーチを務めたトーマス・オマリーや、2022年から二軍野手特命コーチを務める田邊徳雄が挙げられる。

トレーニング(コンディショニング、ストレングス)コーチ編集

トレーニング(コンディショニング、ストレングス)コーチトレーニングなどの指導を行うコーチのことである。学生時代に専門の知識を学び、プロ野球選手経験の無い(時には野球経験すら無い)アスレティックトレーナーが務めることもある。

2023年のNPBのトレーニングコーチ
球団 コーチ
読売ジャイアンツ 穴吹育大
石森卓(二軍)
ジョン・ターニー(三軍)
大竹寛(補佐)
千葉ロッテマリーンズ 菊地大祐(二軍)
NPBのトレーニングコーチ

待遇編集

日本プロ野球では単年度契約が基本で、複数年契約の場合も2年程度とされる[6]

年俸は2012年の週刊ポストによると「1,000万円から3,000万円程度」[6]里崎智也は2022年の著書で「チームにもよるが800万円から1,500万円、ヘッドコーチは2,000万円から3,000万円くらい」が相場としている[9]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l Coaching Baseball - The Nuts & Bolts” (英語). Learn-Youth-Baseball-Coaching.com. 2014年3月16日閲覧。
  2. ^ Connie Mack” (英語). SABR.org. 2014年3月16日閲覧。
  3. ^ Thoughts on New York Yankees' Retired Numbers” (英語). Bleacherreport.com. 2014年3月16日閲覧。
  4. ^ Arlie Latham” (英語). SABR.org. 2014年3月16日閲覧。
  5. ^ MLB says Pesky ruling isn't aimed at Red Sox” (英語). ESPN.com. 2014年3月16日閲覧。
  6. ^ a b c プロ野球コーチ 出費を抑えるため選手寮の食事に群がる人も”. NEWSポストセブン (2012年11月16日). 2023年2月1日閲覧。
  7. ^ a b c d e f Coach - BR Bullpen” (英語). Baseball-reference.com. 2014年3月16日閲覧。
  8. ^ a b 【プロ野球コーチの役割】バッテリーコーチ編 内容濃い仕事”. NEWSポストセブン (2012年11月14日). 2023年2月1日閲覧。
  9. ^ 里崎智也 (2023年1月18日). “むしろ二流選手のほうが稼げる…元ロッテ・里崎智也が現役引退後に1億円プレイヤーに返り咲けたワケ コーチや監督になるより、YouTuberのほうがいい”. PRESIDENT Online(プレジデントオンライン). p. 3. 2023年2月1日閲覧。

関連項目編集