トマス・ホランド (初代サリー公)

初代サリー公・第3代ケント伯トマス・ホランド(Thomas Holland, 1st Duke of Surrey, 3rd Earl of Kent, KG, 1374年 - 1400年1月7日)は、イングランドの貴族。第2代ケント伯トマス・ホランドと第10代アランデル伯リチャード・フィッツアランの娘アリスの長男。父方の祖母はジョーン・オブ・ケントで、イングランド王リチャード2世は叔父(父の異父弟)に当たる。

トマス・ホランド
Thomas Holland
第3代ケント伯
初代サリー公
Harley1319surrey.jpg
在位 ケント伯:1397年 - 1400年
サリー公:1397年 - 1399年

出生 1374年
死去 1400年1月7日
配偶者 ジョーン・スタッフォード
家名 ホランド家
父親 第2代ケント伯トマス・ホランド
母親 アリス・フィッツアラン
テンプレートを表示

生涯編集

父と叔父のハンティンドン伯ジョン・ホランドがリチャード2世に重用されたことからトマスも側近に引き立てられ、1397年に死んだ父の爵位を受け継ぎ第3代ケント伯となった。同年にリチャード2世がグロスター公トマス・オブ・ウッドストックと第11代アランデル伯リチャード・フィッツアラン(ケント伯の母方の伯父)ら反対派貴族を処刑した後に新設のサリー公に叙爵されたが(叔父もエクセター公を授与)、1399年にクーデターでリチャード2世が廃位、代わって即位したヘンリー4世から爵位を取り上げられ元のケント伯に戻された[1][2]

これに不満を抱いたケント伯は叔父とソールズベリー伯ジョン・モンタキュート、元グロスター伯トマス・ル・ディスペンサーと組んで1400年1月の公現祭のヘンリー4世暗殺を計画したが発覚、即座に民衆に捕らえられ処刑された[1][3]。スタッフォード伯ヒュー・ド・スタッフォードの娘ジョーンと結婚していたが子が無く、ケント伯位は弟のエドマンドが継承したが、1408年に彼も子供が無いまま死去してホランド家は断絶した。ただし、従弟で共犯者として処刑された叔父の遺児ジョンは後にエクセター公位を与えられ分家が再興を果たした[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 青山、P406。
  2. ^ ロイル、P75 - P76、P424、
  3. ^ 森、P186 - P187、ロイル、P83、P91。
  4. ^ ロイル、P413。

参考文献編集

公職
先代:
ノーフォーク公
軍務伯
1398年 - 1399年
次代:
ウェストモーランド伯
先代:
マーチ伯
アイルランド総督
1399年
次代:
サー・ジョン・スタンリー
爵位・家督
先代:
新設
サリー公
1397年 - 1399年
次代:
消滅
先代:
トマス・ホランド
ケント伯
1397年 - 1400年
次代:
エドマンド・ホランド