トマス・リトルトン (第4代準男爵)

第4代準男爵サートマス・リトルトン英語: Sir Thomas Lyttelton, 4th Baronet1686年1751年9月14日)は、グレートブリテン王国の政治家。1721年から1741年まで庶民院議員を、1727年から1741年まで下級海軍卿を務めた。

生涯編集

第3代準男爵サー・チャールズ・リトルトン英語版と2に目の妻アン・テンプル(Anne Temple、1718年8月22日没、トマス・テンプルの娘)の息子として[1]、1686年に生まれた[2]。1716年5月2日に父が死去すると、準男爵位を継承した[1]

1721年3月、ウスターシャー選挙区英語版の補欠選挙でウスターシャーホイッグ党員の支持を受けて、無投票で当選した[2][3]。議会では常に与党側で投票し、1727年に下級海軍卿(Lord of Admiralty)に任命された[2]。1733年の消費税法案をめぐり、与党側として賛成票を投じたが[2]、ウスターシャーでの後援者だった第5代コヴェントリー伯爵ウィリアム・コヴェントリー英語版が野党派ホイッグ党に転じたため、1734年イギリス総選挙ではコヴェントリー伯爵がリトルトンへの支援に不熱心であり、リトルトンがウスターシャーで敗れる原因となった[3]。リトルトンは娘婿トマス・ピット英語版の後援によりキャメルフォード選挙区英語版で当選し、議席を失わずに済んだ[2][4]1741年イギリス総選挙ではウスターシャー選挙区英語版で息子ジョージを支持し[3]、これを機に1,000ポンドの年金を受け取って庶民院議員と下級海軍卿から引退した[2]。ただし、息子ジョージはウスターシャー選挙区では敗れており[3]オークハンプトン選挙区英語版の代表として議員を務めた[5]

1751年9月14日に死去、ハッグリー英語版で埋葬された[1]。息子ジョージが準男爵位を継承した[1]

家族編集

1708年5月8日、クリスチャン・テンプル(Christian Temple第3代準男爵サー・リチャード・テンプル英語版の娘)と結婚[1]、6男6女をもうけた[2]

出典編集

  1. ^ a b c d e Cokayne, George Edward, ed. (1900). The Complete Baronetage (1611–1625) (英語). 1. Exeter: William Pollard & Co. p. 118.
  2. ^ a b c d e f g Sedgwick, Romney R. (1970). "LYTTELTON, Sir Thomas, 4th Bt. (1686-1751), of Hagley Hall, Worcs.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年11月15日閲覧
  3. ^ a b c d Lea, R. S. (1970). "Worcestershire". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年11月15日閲覧
  4. ^ Cruickshanks, Eveline (1970). "Camelford". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年11月15日閲覧
  5. ^ a b Barker, George Fisher Russell (1893). "Lyttelton, George (1709-1773)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 34. London: Smith, Elder & Co. pp. 369–374.
  6. ^ Owen, J. B.; Cruickshanks, Eveline (1970). "PITT, Thomas (c.1705-61), of Boconnoc, Cornw.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年11月15日閲覧
  7. ^ Courtney, William Prideaux (1893). "Lyttelton, Charles (1714-1768)" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 34. London: Smith, Elder & Co. pp. 368–369.
  8. ^ Parker, M. St John (23 September 2004). "Ayscough, Francis". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/951 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  9. ^ Sedgwick, Romney R. (1970). "LYTTELTON, Richard (1718-70), of Little Ealing, Mdx.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年11月15日閲覧
  10. ^ Sedgwick, Romney R. (1970). "LYTTELTON, William Henry (1724-1808).". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2020年11月15日閲覧
グレートブリテン議会英語版
先代:
サー・ジョン・パキントン準男爵英語版
トマス・ヴァーノン英語版
庶民院議員(ウスターシャー選挙区英語版選出)
1721年 – 1734年
同職:サー・ジョン・パキントン準男爵英語版 1721年 – 1727年
サー・ハーバート・パキントン準男爵英語版 1727年 – 1734年
次代:
サー・ハーバート・パキントン準男爵英語版
エドマンド・リーチミア英語版
先代:
トマス・ヘイルズ英語版
ジョン・ピット英語版
庶民院議員(キャメルフォード選挙区英語版選出)
1734年1741年
同職:ジェームズ・チャムリー英語版
次代:
インチクィン伯爵
チャールズ・モンタギュー英語版
イングランドの準男爵
先代:
チャールズ・リトルトン英語版
(フランクリーの)準男爵
1716年 – 1751年
次代:
ジョージ・リトルトン