メインメニューを開く

トミー・ライリー(Tommy Reilly, 1919年8月21日 - 2000年9月25日)は、カナダ出身のイギリスで活躍したハーモニカ奏者[1]。本名はトーマス・ランドル・ライリー(Thomas Rundle Reilly)。

ゲルフのミュージシャンの家に生まれる。8歳からヴァイオリンを始めるが、11歳の時にハーモニカも学び、父のバンドで演奏するようになった。1935年に一家でロンドンへ移住し、その地でもハーモニカ奏者として成功した。1937年にはヨーロッパに行き、ヴァイオリンを学ぶためにライプツィヒ音楽院に入学したが、1939年にゲシュタポに捕えられて強制収容所送りとなった。この収容所生活の中でヤッシャ・ハイフェッツの演奏スタイルをモデルにハーモニカの技巧を磨いた[2]。1945年にイギリスに戻り、BBCのラジオやテレビへの出演をこなした。1951年にマイケル・スピヴァコフスキーにハーモニカ協奏曲を委嘱したのをきっかけに、ロバート・ファーノン、ヴィレム・タウスキージェームズ・ムーディー、ジョージ・マーティンといった作曲家たちにハーモニカのための音楽を委嘱し、またバッハモーツァルト等の音楽を編曲してハーモニカ音楽のレパートリーの拡張に努めた。1967年から楽器製造会社のホーナーと協力してハーモニカの改良にも尽力した。

1992年にMBEを受勲。

サリー州フレンシャムにて没。

脚注編集

  1. ^ theguardian.com
  2. ^ thecanadianencyclopedia.ca