ホーナー有限合資会社(Hohner Musikinstrumente GmbH & Co. KG)は、世界的なドイツの楽器メーカー1857年創業。アコーディオンハーモニカが主力商品。他にリコーダー鍵盤ハーモニカも生産している。

ホーナー アコーディオン

日本ではブルース・ハープ、マリンバンドという商品名のハーモニカが広く知られている。かつては、ギターエレクトリックベースも生産していた。

ハーモニカ編集

  • Blues Harp 木製コームを採用。ハーモニカと言えばブルース・ハープと言われるほどの、定番中の定番。
  • Marine Band 木製コームを採用。枯れた音色で、プロ奏者の利用も多い。
  • Old Standby 木製コームを採用。やや小ぶりのサイズ。
  • Special-20 樹脂製コームを採用。息もれも少なく、なめらかな音色。
  • Pro Harp 樹脂製コームを採用。名前の通り、プロの愛用者も多い安定的な音色。
  • Golden Melody 樹脂製コームを採用。カーブが滑らかなボディで、演奏性が高い。

アコーディオン編集

  • ピアノキー - Morino(高級機)、Bravo(普及機)
  • ボタンキー(クロマチック) - Nova
  • ボタンキー(ダイアトニック/ディアトニック)- Erica、Compadre、Corona

鍵盤ハーモニカ(メロディカ)編集

  • Hohner Kids Airboard Jr.25 - 25鍵。ソフトケース。2016年〜
  • Performer 37(S33) - F3-F6の37鍵、延長ホース付、ジッパーケース。2016年〜
  • メロディカ Airboard 37 - F3-F6の37鍵、ソフトバッグ。
  • メロディカ Airboard 32 - F3-C6の32鍵、ソフトバッグ。
    • メロディカ Airboard Rasta 32 - Airboard 32のラスタカラ―版
  • ファイヤ・メロディカ C943274 - F3-C6の32鍵、筐体と黒鍵が赤色、白鍵が黒色、プラスチックハードケース。
  • オーシャン・メロディカ C943275 - F3-C6の32鍵、筐体と黒鍵が青色、白鍵が黒色、プラスチックハードケース。
  • メロディカ Superforce 37 C94331 - F-Fの37鍵、筐体・黒鍵・白鍵が黒色、ソフトバッグ。
  • メロディカ スチューデント32 - F-Cの32鍵、筐体は黒、赤、青の3色展開、プラスチックハードケース。
  • メロディカ スチューデント26 - B-Cの26鍵、筐体は黒、赤、青の3色展開、プラスチックハードケース。

ギター・ベース編集

かつてはアコースティック・ギターエレクトリック・ギター、エレクトリックベースも生産していたが、2019年現在では生産・販売していない[1]。日本では神田商会がギターの輸入代理店であった。

出典編集

  1. ^ Service - guitars” (英語). HOHNER. 2021年2月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。
    • 過去のギター類商品一覧: Overview guitar models (pdf)” (英語). HOHNER (2015年). 2019年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月31日閲覧。

外部リンク編集