トム・ロバーツもしくはトーマス・ウィリアム・ロバーツ(Thomas William Roberts、1856年3月9日 - 1931年9月14日)はイギリス生まれのオーストラリアの画家である。オーストラリア、ビクトリア州メルボルン近郊のハイデルバーグに集まった芸術家「ハイデルバーグ派」(Heidelberg School)の画家の一人である。写実主義印象派に属した画家である。

トム・ロバーツ
Tom Roberts
Tom Roberts, Australian artist, ca. 1895 photographer Talma Studio (4668257926).jpg
生誕 1856年3月9日
イギリスの旗 イギリス, ドーチェスター
死没 1931年9月14日
オーストラリアの旗 オーストラリア, Kallista
運動・動向 ハイデルバーグ派

略歴編集

イングランド南部、ドーセット州ドーチェスターで生まれた。両親は新聞社で働いていたが、1869年にオーストラリアに移住し、メルボルンの近郊に住んだ。スイス出身で1865年からオーストラリアに住む画家ルイ・ビュベロから美術を学び、後に画家となるフレデリック・マッカビン(Frederick McCubbin:1855-1917)と友人になった。

美術の勉強のためにイギリスに戻り1881年から1884年の間、ロイヤル・アカデミー・オブ・アーツの美術学校で学んだ[1]。1883年にはオーストラリアの画家、ジョン・ピーター・ラッセルスペインを旅し、スペインの印象派の画家バラウ(Laureano Barrau :1863-1957)やラモン・カザス(1866-1932)と知り合った[2]。ヨーロッパではジュール・バスティアン=ルパージュジェームズ・マクニール・ホイッスラーの影響を受けた。

オーストラリアに帰国し、メルボルンにスタジオを開き、1885年からボックスヒルやハイデルバーグなどの風景を描くことになった。ハイデルバーグでは、マカビンやアーサー・ストリートン(1867-1943)、チャールズ・コンダー(1868-1909)といった画家と一緒に創作を行い、これらの画家は「ハイデルバーグ派」と称されることになった。

印象派の影響を受けている作品もあるが、写実的な作風の作品も見られる。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Diggins, Lauraine. The Australian Impressionists. Melbourne: Lauraine Diggins Fine Art, 1988. 0959274340, back cover
  2. ^ Tom Roberts”. AGNSW collection record. Art Gallery of New South Wales. 2016年4月6日閲覧。

参考文献編集

  • Topliss, Helen. "Roberts, Thomas William (Tom) (1856 - 1931)". Australian Dictionary of Biography. Australian National University. Melbourne, 1957.