メインメニューを開く

トヨタ・ミュージック・ネットワーク

トヨタ・ミュージック・ネットワーク は、1969年頃から2009年3月27日まで独立局のラジオ関西、NRN単独局のKBS京都などに放送されていたネット番組である。制作局はTBSラジオだが、同局での放送はなかった。(いわゆる裏送り番組である)

出演編集

声優の一城みゆ希で二代目(1974年から担当)。初代は馬場こずえ。

概要編集

  • 番組タイトル通りトヨタ自動車並びにトヨタディーラー(トヨタの販売店)が単独提供を務めていた。
  • 月曜日から木曜日は、一城の小芝居を交えた生活情報と音楽を2曲、金曜日はリスナーのリクエストに答える。
  • 「お相手は、“あなたの”一城みゆ希でした。」が金曜日のエンディングのお約束である。
  • トヨタ自動車の業績悪化に伴う広告費削減などの理由により2009年3月27日に放送終了となり、およそ40年の歴史に幕を閉じた。

番組の変遷編集

ラジオ関西
  • ラジオ関西での放送開始当初は30分番組で月曜から土曜まで放送されており、「〜歌謡曲で行こう〜」というサブタイトルが付いていた。放送時間は14:30〜15:00。
  • 1973年頃に現在の月 - 金曜の15分番組になった。その当時の放送時間は14:45〜15:00。
  • 1976年頃から2009年3月の最終回まで、月 - 金曜15:45〜16:00で放送。1976年当時ラジオ関西で人気番組であった「奥田ひろゆき登場!!〜ごきげんジョッキー〜」の放送時間を拡大するために、「ミュージック・ネットワーク」の放送時間を1時間繰り下げたものと推定されている。また放送終了までの間、同じ音楽番組である「歌声は風に乗って」(ラジオ関西の自社制作。1961年放送開始で現在も放送中)の前座番組となっていた。
KBS京都
  • 開始当初は月 - 木曜は16:15〜16:30(16:30から「上岡龍太郎のなつメロ大全集」を放送していたため)、金曜は17:00〜17:15で放送されていた。

放送局・放送時間編集

※いずれも月〜金

  • ラジオ関西(CRK) - 15:45〜16:00
  • KBS京都 - 16:45〜17:00

過去に放送していた局編集

スタッフ編集

  • ディレクター:進藤誠人
  • 構成:田川明子
  • ミキサー:村内幸一

備考編集

  • 実際の製作はTBSの関連会社、テレコム・サウンズ
  • この番組は当時の「小沢昭一の小沢昭一的こころ」と全く同じCMのコマ数が設定されていた。「昭一的こころ」時代のCMのコマ数は7コマで、「ミュージック・ネットワーク」のCMのコマ数も2009年3月の番組終了まで7コマあった。事実上CRK・KBS、そして当時NRN単独系列局時代のRNC・KRY向けに作られた裏送り用の番組の意味合いが強かった。
    その後「昭一的こころ」の後番組だった「トヨタ うわさの調査隊」は6コマ(ネット局により異なる)、RNCの「話のピットイン」は10分枠になった頃にCMのコマ数が5コマに減らされた。
  • 「ミュージック・ネットワーク」を放送していたCRKでの提供クレジット後の最後のCM明けの穴埋めの曲と、「昭一的こころ」をネットしていたABCラジオ朝日放送)など全国のJRN系列局での提供クレジット後の最後のCM明けの穴埋めの曲に、ビブラフォンを基調に演奏しジャズ風にアレンジされた「この道をゆくトヨタ」という楽曲が、共通して使用されていた。また1995年1月の阪神・淡路大震災後しばらくの期間はトヨタやディーラー各社がCMを自粛し、CMの枠をずっとこの曲で埋めていた。なお、「この道を行くトヨタ」自体は、2007年3月で使用終了となっている。
  • 2006年4月から2007年3月までの1年間は、CRKでは放送終了直後、ヒッチハイク扱いでトヨタのCMが1コマ流れていた。
  • 本番組も「小沢-」もネットしていない局の大半は、「トヨタミュージックドライブ」を放送していた。岐阜放送では17時前にその時々のワイド番組のコーナーとして存在した。

関連項目編集

外部リンク編集