メインメニューを開く

トランスフォーマー ビーストウォーズ (ゲーム)

トランスフォーマー ビーストウォーズ』(Beast Wars: Transformers)は、SCEケンブリッジスタジオが開発したアクションシューティングゲーム[1]。テレビアニメの『ビーストウォーズ 超生命体トランスフォーマー』のゲーム作品である。海外でハズブロのゲーム開発部門の子会社ハズブロ・インタラクティブが発売を行い、1997年12月5日PlayStation版が発売された後、1998年5月31日Microsoft Windows版とMac OS版が発売された。日本では1998年3月26日にPlayStation版がタカラから発売された。

トランスフォーマー ビーストウォーズ
ジャンル アクションシューティングゲーム
対応機種 PlayStation
開発元 SCEケンブリッジスタジオ
発売元 タカラ[日本]、ハズブロ・インタラクティブ
人数 1人
メディア CD-ROM1枚
発売日 1998年3月26日
テンプレートを表示

要素編集

TPSアクションアドベンチャーゲームとなっており、プレイヤーはサイバトロンデストロンのどちらかを選択し、サイバトロン・デストロンの各キャラクターを選択して、敵を撃ち倒しながら、様々な仕掛けなどの謎を解いて、マップ内を進み、各ミッションのクリア条件を果たしていく。

日本語版も声優は英語版のままであるが、変形の掛け声が日本語版の「変身!」になっている。また、OPナレーションは子安武人である。

登場キャラクター編集

サイバトロン/Maximals編集

総司令官コンボイゴリラ
声 - ゲイリー・チョーク
密林巡査員チータス(チーター
声 - イアン・ジェームズ・コーレット
陸上防衛戦士ライノックス
声 - アレック・ ウィロウズ
特殊戦闘員ダイノボット / Dinobot
声 - スコット・マクニール
諜報員ラットル
声 - スコット・マクニール
空中偵察員エアラザー / Airazor
声 - ホーライン・ニューストーン

デストロン/Predacons編集

破壊大帝メガトロンティラノサウルス
声 - デビッド・ケイ
砂漠戦闘指揮官スコルポス / Scorponok(サソリ
声 - ドン・ブラウン
忍者兵タランス/Tarantulas(タランチュラ
声 - アレック・ ウィロウズ
特殊戦闘員インフェルノ / Inferno
声 - ジム・バーンズ
諜報工作員ブラックウィドー
声 - ジャネット・レイン・グリーン
空中戦闘兵テラザウラー / Terrorsaur
声 - ダグ・パーカー

エリア編集

サイバトロン、デストロンで進む方向が逆になり、各ミッション3でボスと戦うことになる。

  • 辺境地帯
  • 砂漠地帯
  • 汚染地帯
  • 火山地帯

アイテム編集

エネルギー回復アイテム
エネルギーを回復できる。回復量により大小ある。
エネルゴン抵抗回復アイテム
エネルゴン抵抗を回復できる。回復量により大小ある。
レッドICチップ
通常弾の威力がある。3段階まで上昇する。
ブルーICチップ
ミサイルの威力がある。3段階まで上昇する。
必殺武器アイテム
必殺武器が使用可能になる。3つまでストックできる。
救出アイテム
取得しておくと、ミッションクリア後、ボーナスミッションに進むことが出来る。

評価編集

評価
集計結果
媒体結果
GameRankings(PC) 48.50%[2]
(PS) 37.93%[3]
レビュー結果
媒体結果
Electronic Gaming Monthly4.75/10[4]
Game RevolutionC[5]
GameSpot(PS) 5/10[6]
(PC) 4.7/10[7]
IGN2.3/10[8]
Official PlayStation Magazine (US)     [9]
PC Gamer US28%[10]
PlayStation Magazine     [11]
電撃PlayStation115/200[12]

本作を批評家はゲームのブロック感とテクスチャのないグラフィック、クリッピングの問題、やや滑りやすい操作、よくない声優の演技についてほとんどのオンラインレビューアによる悪い評価を受けた。だがPC版は8プレイヤーLANやオンラインプレイのサポート(PS版はマルチプレイヤー機能を縮小、プレイアビリティが大幅に低下している)を理由にPS版よりやや上回った評価が下された。しばらくの間、MSN Gaming Zoneにはマルチプレイヤーのために特別に用意された一連のルームがあった。本作は批判されたがプレイヤーに善悪のキャラクターを選択させることを可能にした最初のトランスフォーマーゲームとして注目された。サイバトロンとデストロンの両方の勢力でこのゲームのメカニックは後に多くがトランスフォーマーゲームでの特徴ある機能になった。トランスフォーマー THE GAMETransformers: War for CybertronTransformers: Fall of Cybertronで選択システムを採用、ビートウォーズを部分的に画期的にした。

電撃PlayStationDPSソフトレビューでは60、55の115点[12]。レビュアーのうち1人は戦闘バランスはキツくはないが難易度が高く落下死が多く洋ゲーに慣れていない人は途中で投げ出す、音声は日本語版吹き替えではないのが残念だが個人的にキャラゲーとしては合格とし、もう1人は難易度が高く地形やルートによるハマりが深刻、洋ゲーに慣れていない人がビートウォーズだと思って手を出すとまず痛い目に遭う今一つな出来で根性のあるファン向けアイテムだとした[12]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Beast Wars Transformers for PlayStation (1997) - MobyGames
  2. ^ Beast Wars: Transformers for PC”. GameRankings. 2014年6月28日閲覧。
  3. ^ Beast Wars: Transformers for PlayStation”. GameRankings. 2014年6月28日閲覧。
  4. ^ “Beast Wars: Transformers (PS)”. エレクトロニック・ゲーミング・マンスリー. (1998). 
  5. ^ Tony V (1998年5月). “Beast Wars: Transformers Review (PS)”. Game Revolution. 2014年6月28日閲覧。
  6. ^ Smith, Josh (1998年2月24日). “Beast Wars Review (PS)”. GameSpot. 2014年6月28日閲覧。
  7. ^ Smith, Josh (1998年7月10日). “Beast Wars: Transformers Review (PC)”. GameSpot. 2014年6月28日閲覧。
  8. ^ Douglas, Adam (1998年1月16日). “Beast Wars: Transformers (PS)”. IGN. 2014年6月28日閲覧。
  9. ^ “Beast Wars: Transformers”. Official U.S. PlayStation Magazine. (1998). 
  10. ^ Williamson, Colin (September 1998). “Beast Wars: Transformers”. PC Gamer. オリジナルの2000年3月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20000302210847/http://www.pcgamer.com/reviews/98.html 2014年6月28日閲覧。. 
  11. ^ “Review: Beast Wars: Transformers”. PSM. (1998). 
  12. ^ a b c 電撃PlayStation Vol.71 1998年4月10日号 140ページ

外部リンク編集