タカラ (玩具メーカー)

かつて存在した日本の玩具メーカー
タカラトミー > タカラ (玩具メーカー)

株式会社タカラ: Takara Co., Ltd.)は、かつて存在した日本玩具メーカー。東京都葛飾区に本社を置いていた。1953年創業。社名は創業地の葛飾区本田宝木塚町(現:宝町)に由来する。コーポレートスローガンは「あそびは文化」であった。

株式会社タカラ
Takara Co., Ltd.
Takara logo.svg
Takara tomy aoto office katsushika 2014.jpg
合併前のタカラ本社が入居していた
タカラトミー青戸オフィス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
125-0062
東京都葛飾区青戸4-19-16
設立 1955年9月17日
(株式会社佐藤ビニール工業所)
創業1953年
業種 その他製品
事業内容 玩具事業
代表者 代表取締役社長 奥出信行
資本金 182億2100万円(2005年6月30日)
発行済株式総数 1億5270万4244株
(2005年6月30日現在)
売上高 連結:971億5800万円
単独:456億600万円
2005年3月期)
営業利益 連結:△115億3900万円
単独:△104億1000万円
(2005年3月期)
純利益 連結:△146億8700万円
単独:△203億8500万円
(2005年3月期)
総資産 連結:830億9300万円
(2005年3月31日)
単独:484億6600万円
(2005年6月30日)
従業員数 484名(2005年6月30日)
決算期 3月31日(年1回)
主要株主 (株)インデックス 34.5%
(有)ティーツーファンド 19.4%
(株)ティーエイケイ 7.1%
(2005年9月30日)
主要子会社 (株)アトラス
(株)タツノコプロ
外部リンク 公式サイト
特記事項:2006年3月1日付でトミーと合併してタカラトミーとなり[1][2][3]、解散。
テンプレートを表示

2006年3月1日に同業のトミーと合併し、タカラトミーとなった[1][2][3]

概要編集

1953年の創業以来、伝統的な玩具やボードゲームを主力商品とした。かつては日本初の大ヒット空気ビニール玩具となった「ダッコちゃん」をはじめ、着せ替え人形としてロングセラーとなった「リカちゃん」が主力商品であり「女児玩具のタカラ」と言われ、女児玩具部門では長らくトップの地位に在り続けた。その一方で「チョロQ」や「ビーダマン」など男児玩具でも大ヒット商品を生み出した。

1999年に発売した「ベイブレード』が一躍ヒット商品となり、男児玩具部門でバンダイを抜いてトップに立った。しかし海外展開の失敗により経営不振に陥り、2000年にゲームメーカー・コナミの第三者割当増資を受けてコナミグループ傘下となる。

2002年には当時の社長であった佐藤慶太の決断により、公道を走行できるチョロQを模した電気自動車Q-CAR」を発表、自動車業界に参入した[4]。当初は物珍しさから注目を集めたが、玩具メーカーが自動車産業のノウハウを持ち合わせているはずもなく、月間販売台数は1台もざらで、あっさり撤退した[5]

その後も業績は好転せず、2005年にコナミグループを離脱、インデックスグループ傘下となり、コンピュータゲーム事業を子会社のアトラス(旧社)に譲渡するなどの組織改革を実施した。

2006年3月に同業のトミーと合併し、新社名は「タカラトミー」となった[1][2][3]。存続会社はトミーである(合併比率はトミー1株に対してタカラ0.178株)[6]。新会社の社長にはトミー社長・富山幹太郎が就任し、タカラ会長・佐藤慶太が副社長となった。また、日本国外ではトミーの知名度が高いことから英文社名は「TOMY COMPANY,LTD.」となった。

キャラクター商品については、テレビ放送先行型の同業他社と異なり、まずは玩具販売から先行し、売上が好調だとテレビ化に乗り出すという堅実な手法を取ることが多かった。竹森健太郎著『「タカラ」の山―老舗玩具メーカー復活の軌跡』では、この手法を「タカラ的な手法」としている[7]

沿革編集

  • 1953年 - 佐藤加工所として個人創業。
  • 1955年 - 東京都葛飾区本田宝木塚町(現・宝町)にて、佐藤安太有限会社佐藤ビニール工業所を設立。
  • 1959年 - 佐藤ビニール工業所、有限会社から株式会社に改組。
  • 1960年 - 株式会社宝ビニール工業所に改称、玩具製品表記に「タカラビニール」を導入[8]
  • 1960年4月1日 - タカラビニールの新製品「ニューペット ダッコちゃん」が大ヒットし、月産1,000万個(当時単価180円)を記録。ブームと社会現象を起こす。
  • 1961年 - 株式会社タカラビニール工業所に改称。
  • 1966年 - 株式会社タカラに改称。
  • 1981年 - プラモデル事業に参入。
  • 1983年 - 社名英文表記の黒文字ロゴを「TAKARA」に変更する。
  • 1984年 - 店頭市場(現在のジャスダック)に株式公開CIを導入。コーポレートスローガン「遊びは文化、遊びは教育」を用いたロゴを採用。
  • 1985年 - CIを導入し、赤い丸文字のロゴが入った「TAKARA」のロゴを採用。
  • 1986年 - 東京証券取引所第二部に上場。CIを導入。「あそびは文化 タカラ」のコーポレートスローガン、ダッコちゃんマークが描かれたシンボルマークを採用。
  • 1988年6月 - アメリカから黒人蔑視との批判を受け、ダッコちゃんを製造停止[9]
  • 1990年3月 - CIを導入。ダッコちゃんマークの使用を中止し「あそびは文化 タカラ」のロゴに戻される[10][11]
  • 1991年 - 東京証券取引所第一部に上場。
  • 1993年 - 福島県田村郡小野町にタカラ福島工場を前身とする「リカちゃんキャッスル」がオープン。
  • 2000年 - 佐藤慶太が社長に就任。佐藤は「ダッコちゃんの復活」を社命に掲げ[12]、同年3月、佐藤の呼びかけで社内に「ダッコちゃん復活プロジェクト」が立ち上がる[13]
  • 2000年 - コナミと資本提携。同年末にCIを導入し「だっこちゃん」マークが描かれたシンボルマークにリニューアル。
  • 2001年 - 新生「だっこちゃん」(だっこちゃん21)をリニューアルして発売[11]
  • 2001年 - ハズブロとの包括的企業提携。
  • 2002年 - チョロQモーターズを設立、電気自動車の製造・販売を開始。
  • 2003年 - アトラスと資本提携、アトラスを連結子会社とする。またタカラのゲームソフトウェア事業を分割しアトラスに譲渡する。
  • 2003年 - ブロッコリーと資本提携。
  • 2005年 - コナミ保有のタカラ株式全株がインデックス(旧法人)に売却される。これに伴い、コナミとの資本提携が解消され、インデックスの傘下となる。ただしコナミとの業務提携は継続される。
    • 5月13日 - トミーとタカラが合併することで合意[2][3]
  • 2005年 - 竜の子プロダクションを買収。
  • 2005年 - ガンホー・オンライン・エンターテイメントと業務提携、同時にタカラの保有するブロッコリー株式の19.5%(380万株)をガンホーに売却、残りの保有株式31.8%(620万株)もアジアングルーヴと傘下の投資事業組合に売却。
  • 2006年
    • 2月 - リカちゃんキャッスルを運営するタカラいわき工業(現:リトルファクトリー)の株式を、タカラいわき工業へMBO方式で譲渡。これによりリカちゃんキャッスルはタカラから資本的に独立する。
    • 3月1日 - トミーと合併し、タカラトミーが発足[1][2][3]

グループ編集

主な製品編集

あ行編集

か行編集

さ行編集

た行編集

な行編集

は行編集

ま行編集

や行 - わ行編集

関連する人物編集

  • 田中圭一 - 元営業社員。『サラリーマン田中K一がゆく』など、当時のことをフィクションを交えて描いた作品もある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 株式会社トミーと株式会社タカラの合併による新会社「株式会社タカラトミー」の基本方針に関するお知らせ 株式会社タカラ、株式会社トミー、2005年(平成17年)8月24日、2022年7月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e トミーとタカラ、来年3月に合併 ITmediaニュース、2005年5月13日、2022年7月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e 「数時間前までもめていた」──タカラトミー、スピード交渉の舞台裏 ITmediaニュース、2005年5月13日、2022年7月19日閲覧。
  4. ^ タカラ,乗れる“チョロQ”こと電気自動車「Q-CAR」発表
  5. ^ タカラ、「実車版チョロQ」の製造を中止。 Narinari.com、2004年11月9日、2022年7月19日閲覧。
  6. ^ 合併公告 タカラトミー[リンク切れ]
  7. ^ 『「タカラ」の山―老舗玩具メーカー復活の軌跡』[要ページ番号]
  8. ^ 東京玩具商報1960年1月号
  9. ^ 「だっこちゃん人形、世紀の変身 『差別』批判に配慮、タカラ発売へ」『朝日新聞』2000年12月23日付朝刊、39頁。
  10. ^ 「『だっこちゃん』印、今年限りに タカラ、新マークは公募」『朝日新聞』1989年7月19日付朝刊、11頁。
  11. ^ a b 21世紀の新生「だっこちゃん21」誕生に関するお知らせ、株式会社タカラ、2001年3月。
  12. ^ 『「タカラ」の山―老舗玩具メーカー復活の軌跡』160頁。
  13. ^ 『「タカラ」の山―老舗玩具メーカー復活の軌跡』158-163頁。
  14. ^ 子会社(株式会社タカラアミューズメント)の事業譲渡に関するお知らせ タカラ、2004年8月20日、2022年7月19日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集