トリプタン(Triptane)または2,2,3-トリメチルブタン(2,2,3-trimethylbutane)は、分子式C7H16、示性式 (CH3)3C-CH(CH3)2 で表される有機化合物である。アルカンに分類され、ヘプタン異性体の中で最もコンパクトで分岐が多く、唯一ブタン骨格を持つ。

トリプタン
識別情報
CAS登録番号 464-06-2 チェック
PubChem 10044
ChemSpider 9649 チェック
EC番号 207-346-3
国連/北米番号 1206
バイルシュタイン 1730756
特性
化学式 C7H16
モル質量 100.2 g mol−1
外観 無色液体
匂い 無臭
密度 0.693 g mL-1
融点

-26--24 °C, 247-249 K, -15--11 °F

沸点

81-81 °C, 353.9-354.3 K, 177-178 °F

蒸気圧 23.2286 kPa (at 37.7 °C)
kH 4.1 nmol Pa-1 kg-1
屈折率 (nD) 1.389
熱化学
標準生成熱 ΔfHo -238.0 - -235.8 kJ mol-1
標準燃焼熱 ΔcHo -4.80449 - -4.80349 MJ mol-1
標準モルエントロピー So 292.25 J K-1 mol-1
標準定圧モル比熱, Cpo 213.51 J K?1 mol-1
危険性
GHSピクトグラム 可燃性 急性毒性(低毒性) 経口・吸飲による有害性 水生環境への有害性
GHSシグナルワード DANGER
Hフレーズ H225, H304, H315, H336, H400
Pフレーズ P210, P261, P273, P301+310, P331
EU分類 強い可燃性 F 有害 Xn 環境への危険性 N
EU Index 601-008-00-2
NFPA 704
NFPA 704.svg
3
0
0
Rフレーズ R11, R38, R50/53, R65, R67
Sフレーズ (S2), S16, S29, S33
引火点 −7 °C (19 °F; 266 K)
爆発限界 1-7%
関連する物質
関連するアルカン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

トリプタンは、航空燃料アンチノック剤として一般に用いられる。

出典編集

  1. ^ Triptan - Compound Summary”. PubChem Compound. USA: National Center for Biotechnology Information (2005年3月26日). 2012年3月11日閲覧。