メインメニューを開く

トルクドライバー (torque driver) とは、所定のトルクでねじを締め付けるための作業工具と、締め付けられたねじのトルクを測定するための測定工具のうち、ドライバー状の形をしたものの総称である。

概要編集

トルクドライバーは、トルクレンチと比較して小さいトルクでねじを締め付ける際に用いられるトルク機器である。一般的にドライバーを用いてねじを締め付けるような箇所でトルク管理が必要な場合に用いられる。電子機器の組立や配線のコネクタにも締め付けトルクが指定されるようになり、トルクドライバーが必要とされる場面が増えていくと予想される。機能・用途はトルクレンチと同じであるが、構造は異なる。

種類編集

シグナル式トルクドライバー編集

シグナル式トルクドライバーは、あらかじめ締め付けたいトルクを設定しておき、クリックの感触と音で締め付けトルクに達したことが分かるものである。空転式のものが多いが、空転せずにクリックするものもある。使用できる回転方向は、右か左どちらかに限定されている場合がほとんどである。

プリセット形
トルクドライバー本体の目盛によって設定トルクを変更することができるもの。
単能形
トルクドライバー本体に目盛はなく、トルクドライバーテスター等を使用してトルクを設定する必要がある。一度設定したトルクをむやみに変更されないよう、トルクを変更するために専用工具が必要な場合がある。プリセット形に比べて安価なため、工場などで使用されることが多い。

直読式トルクドライバー編集

直読式トルクドライバーは、負荷されているトルクを目盛にて読み取るトルクドライバーである。最大値を保持するピークホールド機能を有するものもある。左右どちらの回転方向でも測定できるものがほとんどである。

ダイヤル形
目盛がアナログのもの。
デジタル形
トルクをセンサにて検出し、トルク値を表示するもの。表示器がドライバーと別になっていたり、パソコンに接続して使用するものもある。