メインメニューを開く

トーマス・デ・ヘント(Thomas De Gendt、1986年11月6日 - )は、ベルギーシント=ニクラース出身の自転車競技ロードレース)選手。

トーマス・デ・ヘント
Thomas De Gendt
Cycling (road) pictogram.svg
Leuven - Brabantse Pijl, 15 april 2015, vertrek (B186).JPG
個人情報
本名 Thomas De Gendt
トーマス・デ・ヘント
生年月日 (1986-11-06) 1986年11月6日(33歳)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
身長 1.79 m (5 ft 10 in)
体重 67 kg (10 st 8 lb)
チーム情報
所属 ロット・ソウダル
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 オールラウンダークライマー
プロ所属チーム
2006
2007-2008
2009-2010
2011-2013
2014
2015-
ユニベット - ダヴォ
ダヴォ
トップスポート・フラーンデレン
ヴァカンソレイユ・DCM
オメガファーマ・クイックステップ
ロット・ソウダル
グランツール最高成績
主要レース勝利
ブエルタ・ア・エスパーニャ 山岳賞(2018)
ジロ・デ・イタリア 区間通算1勝
ツール・ド・フランス 区間通算2勝
パリ~ニース 山岳賞(2015,2018,2019)
       区間通算2勝
ボルタ・シクリスタ・ア・カタルーニャ
 山岳賞(2019)、区間通算4勝
ツアー・ダウンアンダー 山岳賞(2017)
クリテリウム・デュ・ドーフィネ 区間優勝
ツール・ド・ロマンディ 区間優勝
最終更新日
2019/07/14

経歴編集

2009年、トップスポート・フラーンデレン=メルカトルに移籍。

2011年ヴァカンソレイユ・DCMに移籍。

2012年ジロ・デ・イタリアで総合3位、ステルヴィオ峠がゴールの第20ステージを制した。

2014年オメガファーマ・クイックステップに移籍。

2015年ロット・ソウダルに移籍。

2016年ツール・ド・フランスの第12ステージ、フランス革命記念日の山頂フィニッシュ(悪天候により、モン・ヴァントゥーからシャレ・レナールに変更)で見事な逃げ切り勝利。[1]

2019年ツール・ド・フランスの第8ステージではスタート500メートルから先頭に抜け出し、そのまま200kmのステージを逃げ切り勝利。ツール・ド・フランス通算2勝目を挙げた[2]

特徴編集

U23の時から幾つかの成果を挙げており、プロになってからはパリ・ニースツール・ド・スイスで勝利を収めた。そして、2012年のジロ・デ・イタリアでチーマコッピであるステルヴィオ峠で驚きの逃げ切り勝利を挙げ、総合3位の成績を残した[3]。タイムトライアルも得意としており、ブラバンツ・パイルツール・ド・フランスジロ・デ・イタリアでチームに貢献した。大逃げを決めての区間優勝と粘り強さが特徴で、2015年のパリ・ニースでは山岳賞を獲得し、ツール・ド・フランスではアバラを骨折してでも完走した。

主な戦歴編集

2009年編集

2010年編集

2011年編集

2012年編集

2013年編集

2015年編集

2016年編集

2017年編集

2018年編集

2019年編集

参照編集

参考文献編集