メインメニューを開く

ドナルドのわんぱく教育』または『ドナルドの腕白教育』(ドナルドのわんぱくきょういく、原題:Donald's Nephews)は、ウォルト・ディズニー・プロダクション(現:ウォルト・ディズニー・カンパニー)が制作したアニメーション短編映画作品である。
ドナルドダック・シリーズ第6作。

ドナルドのわんぱく教育
ドナルドの腕白教育
Donald's Nephews
監督 ジャック・キング
製作 ウォルト・ディズニー
出演者 クラレンス・ナッシュ
配給 RKO Radio Pictures
公開 アメリカ合衆国の旗 1938年4月15日
上映時間 約8分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ドナルドの腕白時代
次作 ドナルドの南極探検
テンプレートを表示

ドナルドダックの短編映画シリーズの一作品。先行して新聞漫画で初登場していたヒューイ・デューイ・ルーイのスクリーンデビュー作である。

あらすじ編集

ドナルドのもとに、姉のダンベラから「天使のようなあなたの甥たち3人が遊びに行きます」という内容の手紙が届く。家のベルが鳴り、期待して扉を開けるドナルドだったが、現れたのは三輪車のまま家の中に突入し走り回る、なんとも腕白な子供たちだった。

家の中の置き物が壊れるのも構わず暴れる3人に頭を抱えるドナルドだったが、傍に落ちていた「今時の子供のしつけ方」という本に、暴れる子供を静めるには音楽を聞かせるのがいいという記述を見つける。それに従ってドナルドがピアノを弾き始めると、3人は暴れるのをやめ、楽器を持ち一緒に演奏し始めた。うまくいったと思ったドナルドだったが、間もなく3人は楽器を使って遊び始めてしまう。さんざんドナルドを手こずらせたあげく、3人はドナルドに嘲笑を浴びせながら三輪車で去っていった。ドナルドは怒って、子供のしつけの本を破り捨てる。

その他編集

ドナルドがピアノで弾いていた曲は、マザー・グースの童謡『Pop! goes the weasel(イタチが跳んだ)』。

スタッフ編集

登場キャラクター編集

日本での公開編集

収録編集

参考文献・外部リンク編集

外部リンク編集