ドルーリーオオアゲハ

アゲハチョウ科アゲハチョウ属のチョウの一種

ドルーリーオオアゲハ (Papilio antimachus) は、チョウ目(鱗翅目)・アゲハチョウ上科アゲハチョウ科に分類されるチョウの一種。和名は、学名の記載者に由来するが、学名基準のアンティマクスオオアゲハとも呼ばれる事もある。

ドルーリーオオアゲハ
Antimachus.jpg
保全状況評価
DATA DEFICIENT (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))
Status none DD.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : アゲハチョウ上科 Papilionoidea
: アゲハチョウ科 Papilionidae
: アゲハチョウ属 Papilio
: ドルーリーオオアゲハ
P. antimachus
学名
Papilio antimachus
(Drury, 1782)
英名
Giant african swallowtail

分布編集

アフリカシエラレオネからウガンダ)の熱帯雨林地域に生息する。

特徴編集

開長24cm(オス)で、アフリカ最大でかつ、前翅の長さと広さからチョウ類全般の中でも最大級の種類となる。

翅はオレンジ色と黒色からなる。他の多くのチョウ類と異なり、メスはオスよりも遥かに小さい上に、オスが数多く見られるのに対し、メスは見る機会が少ない。これは同じアフリカ特産の大型蝶であるザルモクシスオオアゲハにも共通する特徴である。

幼虫の食草は不明だが、成虫の体内にはネコを殺せるほどの毒をもつといわれている事から、ジャコウアゲハ類のように、毒草を主食とし、成虫となった後も、その毒性を体内に残している事が推察され、その為に警告色の目立つ翅色になっているとされる。

参考文献編集

  • ケン・プレストン・マフハム(著者) 大谷剛(日本語版監修) 『世界チョウ図鑑500種』ネコ・パブリッシング、2009年3月20日。ISBN 978-4-7770-5250-9