ドロテア・ア・ダンマーク (1546-1617)

ドロテア・ア・ダンマーク(Dorothea af Danmark, 1546年6月29日 - 1617年1月6日)は、リューネブルク侯ヴィルヘルムの妃。デンマークノルウェークリスチャン3世と王妃でザクセン=ラウエンブルクマグヌス1世の娘ドロテアの娘。

ドロテア・ア・ダンマーク
Dorothea af Danmark
Dorothea von Daenemark - Ludger tom Ring d. J.jpg

出生 (1546-06-29) 1546年6月29日
 デンマークコリング
死去 (1617-01-06) 1617年1月6日(70歳没)
ウィンゼン
配偶者 リューネブルク侯ヴィルヘルム
子女 一覧参照
父親 デンマークノルウェークリスチャン3世
母親 ドロテア・フォン・ザクセン=ラウエンブルク
テンプレートを表示

生涯編集

1546年、コリングで生まれた。1561年10月12日にヴィルヘルムと結婚、15人の子を儲けたが、ヴィルヘルムが精神錯乱を引き起こし、ドロテアはヴィルヘルムと別居した。1592年にヴィルヘルムが亡くなり、後を継いだ長男のエルンスト2世摂政を務めた。1617年、ウィンゼン(現在のシュレースヴィヒ=ホルシュタイン州ゼーゲベルク郡の都市)で亡くなった。

子女編集