メインメニューを開く

ナイトホークス』(Nighthawks)は、1981年制作のアメリカ合衆国アクションスリラー映画シルヴェスター・スタローン主演。

ナイトホークス
Nighthawks
監督 ブルース・マルムース
ゲイリー・ネルソン(アンクレジット)
シルベスター・スタローン(アンクレジット)
脚本 デヴィッド・シェイバー
原案 デヴィッド・シェイバー
ポール・シルバート
製作 マーティン・ポール
製作総指揮 フランクリン・R・レヴィ
マイク・ワイズ
出演者 シルヴェスター・スタローン
ルトガー・ハウアー
ビリー・ディー・ウィリアムズ
リンゼイ・ワグナー
パーシス・カンバッタ
ナイジェル・ダヴェンポート
音楽 キース・エマーソン
撮影 ジェームズ・A・コントナー
編集 クリストファー・ホームズ
スタンフォード・C・アレン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年4月10日
日本の旗 1981年6月13日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$14,905,359[2]
テンプレートを表示

ニューヨーク市警察の凄腕刑事と国際的テロリストとの闘いを描く。スタローンが女装を披露している他、ルトガー・ハウアーの冷酷非情なテロリスト役が強烈な印象を残している。

ストーリー編集

ニューヨーク市警のディークとフォックスはおとり捜査で手柄を立てている凄腕刑事コンビである。

その頃、ロンドンのデパートでテロ事件が発生。犯人のウルフガーは政府の植民地政策に反対するとして、さらなるテロを予告。その後ロンドンで壮絶な銃撃戦を展開した後、パリへ逃亡、仲間のシャッカと合流、顔を整形してニューヨークへ渡った。

それをつきとめた国際刑事警察機構(インターポール)のハートマン警部は、ATAC(対テロリスト・アクション・コマンド部隊)にディークとフォックスを編入させウルフガーらを追うが、彼等は今度はロープウェイを乗っ取り、政治犯の釈放を要求してくる。

息詰まる駆け引きと壮絶な銃撃戦の末、事件は解決したものの、ウルフガーの生死は不明となった。彼のアジトを捜索していたディークは1枚のメモを見つけると、血相を変えて飛び出していった。

そのメモには、ディークの別居中の妻アイリーンの住所が記されていた。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
フジテレビ テレビ朝日 2016年制作版
ディーク・ダシルヴァ シルヴェスター・スタローン 夏八木勲 佐々木功 楠大典
ヘイマー・"ウルフガー"・ラインハルト ルトガー・ハウアー 津嘉山正種 西沢利明 花輪英司
マシュー・フォックス ビリー・ディー・ウィリアムズ 小林清志 内海賢二 志村知幸
アイリーン リンゼイ・ワグナー 宗形智子 高畑淳子
シャッカ・ホランド パーシス・カンバッタ 横尾まり 平野文
ピーター・ハートマン ナイジェル・ダヴェンポート 石田太郎 鈴木瑞穂 長克巳
パム ヒラリー・トンプソン 小金沢篤子 高島雅羅
ムナフォ ジョー・スピネル 蟹江栄司 小林修
演出 岡本知 山田悦司
翻訳 額田やえ子 宇津木道子
調整 飯塚秀保
効果 PAG
配給 MCA
選曲 東上別符精
担当 酒井彰
制作 グロービジョン
初回放送 1984年2月4日
ゴールデン洋画劇場
1987年12月20日
日曜洋画劇場

映像ソフト化編集

2018年5月9日にキングレコードからBlu-ray Discが発売された[4]

備考編集

  • 当初はゲイリー・ネルソンが監督だったが、アクション・シーンの撮影をめぐってスタローンと衝突し、解任された。ブルース・マルムースへの後任が決まったが、マルムースが参加できなかった一部シーンの監督を主演のスタローンが行っている[5]

脚注編集

外部リンク編集