メインメニューを開く

ナジャーバト・アリー・ハーン

ナジャーバト・アリー・ハーン(Najabat Ali Khan, 1750年 - 1770年3月10日)は、東インドベンガル太守(在位:1766年 - 1770年)。シュジャー・ウッダウラ(Shuja ud-Daula)の称号でも知られる。

ナジャーバト・アリー・ハーン
Najabat Ali Khan
ベンガル太守
Shuja ud-Daulah, Nawab of Bengal.jpg
ナジャーバト・アリー・ハーン
在位 1766年 - 1770年
戴冠式 1766年5月22日
別号 ナワーブ

出生 1750年
ムルシダーバード
死去 1770年3月10日
ムルシダーバードムルシダーバード城
埋葬 ジャアファルガンジ・セメタリー
王朝 ナジャフィー朝
父親 ミール・ジャアファル
宗教 イスラーム教
テンプレートを表示

生涯編集

1750年ベンガル太守(このときはまだ太守ではない)ミール・ジャアファルの三男として生まれた[1]

1766年5月8日、兄である太守ナジュムッディーン・アリー・ハーンが死亡したことにより、ナジャーバト・アリー・ハーンが太守位を継承した[1]。同年6月27日ムガル帝国の皇帝シャー・アーラム2世からその継承を追認された。

1770年3月10日、ナジャーバト・アリー・ハーンは天然痘で死亡し、太守位は弟のアシュラーフ・アリー・ハーンが継承した[1]

出典・脚注編集

関連項目編集