東インド (ひがしインド、英語: Eastern India)は、インド政府内務省が定めているインドの北・南・東・中央・西インドからなる六地域の一つで、同国の東にある地域を指す。

東インドの地域図(古い地図で、右上の飛び地のような地域は現在北東インドと呼ばれる)
インド政府内務省が定める五地域の内の東インド(右の薄青色の地域)。

概要編集

インド内務省東地域会議(Eastern Zonal Council)によれば、ビハール州ジャールカンド州オリッサ州西ベンガル州、および連邦直轄領アンダマン・ニコバル諸島が属する。ここはかつてマガダ国があった地域で、東部インド・アーリア語群に属する言葉を使っている。

最大の都市は、コルカタである。

参照項目編集

インド内務省が定めるインドの六地域:

脚注編集

外部リンク編集