メインメニューを開く

ナスカ (1983年にデビューしたバンド)

ナスカ(NAZCA)は、キーボーディスト・笹路正徳を中心に結成された日本プログレッシブ・ロック・バンドである。1983年にアルバム『Words Of Love』でCBSソニーからデビューし、1987年頃に活動を休止している。

概歴編集

バンド「マライア」のキーボード・笹路正徳とギター・土方隆行は、メンバー間の音楽性の違いから活動が停滞したのを機に新たなロック・バンド結成を模索。事務所関係者の紹介により、北海道で活動していたベース&ボーカルの坂井紀雄をスカウトし[1]、ドラム・辻野リューベンを加えて「ナスカ」(NAZCA)を結成。

1983年、アルバム『Words Of Love』でCBSソニーからデビュー。 全編に渡り英語詞のボーカル曲で長いイントロや間奏はあるものの、実験的なマライアの楽曲よりもストレートでポップなハード・ロック、プログレッシブ・ロックであり、後のアルバムではインスト曲でロック・フュージョン的なアプローチもなされた。 六本木ピットインなどのライブ・ハウスを中心にライブ活動を行う。

1984年、ドラマーが元・一風堂藤井章司に代わり、セカンド・アルバム『ナスカII』をリリース。

また、1985年には坂井のソロ・デビュー・アルバム『Sail Away』、シングル「Sail Away」、1986年には坂井のセカンド・アルバム『Naturally』が、笹路プロデュース&ナスカ・メンバーの演奏によりキングレコードから発売された。

さらに1987年にサード・アルバム『サマルカンド』をリリースしたが、その後はそれぞれが音楽プロデューサースタジオ・ミュージシャンとして多忙を極めバンド活動を停止(正式な解散宣言はされていない)。

なお、1991年には、笹路・土方・坂井にドラム・青山純が参加し、ゲスト・ボーカルに笹路がサウンド・プロデュースしたUNICORN奥田民生プリンセス・プリンセス奥居香を迎えた期間限定のハードロック・バンド「ササジーズ(SASAJIES)」によるアルバム『アナコンダウーマン』がSony Recordsよりリリースされる。

2012年、ナスカの3枚のオリジナル・アルバムとササジーズのアルバムから選曲されたベスト・アルバム『GOLDEN☆BEST ナスカ・アンド・ササジーズ』がSony Music Directより発売。このアルバムには、2009年に亡くなったナスカ2代目ドラマー・藤井への追悼曲「Picture Of ‘F’」が笹路・土方・坂井の3人により新たに録音され収録された[2]

メンバー編集

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『Words Of Love』(1983.08.25/CBSソニー)
  • 『NAZCA II』(1984.07.21/CBSソニー)
  • 『SAMARKAND』(1987.01.21/CBSソニー)

関連アルバム編集

  • ササジーズ『アナコンダウーマン』(1991.11.01/Sony Records)

ベスト・アルバム編集

  • 『GOLDEN☆BEST ナスカ・アンド・ササジーズ』(2012年/Sony Music Direct)[3]

関連項目編集

出典・脚注編集

  1. ^ 株式会社イスト・ミュージック設立より「笹木雅司プロフィール」”. 2017年3月6日閲覧。
  2. ^ ソニー・ミュージックより「ナスカ・アンド・ササジーズ」”. 2017年3月6日閲覧。
  3. ^ Sony Music Shopより「GOLDEN☆BEST ナスカ・アンド・ササジーズ」”. 2017年3月6日閲覧。

外部リンク編集