ナダ・サーフNada Surf)は、アメリカオルタナティヴ・ロックバンドである。1992年ニューヨークで結成。

ナダ・サーフ
Nada Surf
フロントマンのマシュー・カーズ(2008年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル オルタナティヴ・ロックインディー・ロックパワー・ポップ
活動期間 1992年 -
レーベル エレクトラ・レコードバースーク・レコード、MarDev
公式サイト nadasurf.com
メンバー マシュー・カーズ
アイラ・エリオット
ダニエル・ロルカ
ダグ・ギラード
旧メンバー アーロン・コンテ

マシュー・カーズ(Matthew Caws、ギターボーカル)、アイラ・エリオット(Ira Elliot、ドラム、バック・ボーカル)、ダグ・ギラード(Doug Gillard、リードギター)、ダニエル・ロルカ(Daniel Lorca、ベース、バック・ボーカル)によって構成される。1996年のアルバム『High/Low』に収録されている「Popular」で最もよく知られている。

略歴 編集

ナダ・サーフは、1990年代初めにマシュー・カーズ、ダニエル・ロルカによって結成された。彼らはリセ・フランセ・ド・ニューヨーク (The Lycée Français de New York、アメリカ合衆国フランス語学校)で出会い、共に幼少期をフランスベルギーで過ごした。彼らは、The Cost of Living、Because Because Becauseなどといった数多くのバンドで活動していた。彼らの最初のドラマーであったダン(後に、彼らの曲「The Plan」の中で触れられている)に代わってアーロン・コンテが加入。彼らの最初のシングル「The Plan / Telescope」や、アルバム『High/Low』の元となったデモテープ『Tafkans』をレコーディングする。テープの収録曲は後に、彼らのシングル「Deeper Well / Pressure Free」、EP『Karmic』、コンピレーション・アルバム『North 6th Street』で発表された。

1995年9月、アーロンがバンドを脱退し、1980年代ニューヨーク・シーンで活発に活動しており、マシューとダニエルの2人がお気に入りであったバンド、ファズトーンズ (Fuzztones)のドラマーだったアイラ・エリオットが加入する。

ブロンド・レッドヘッドのニッティング・ファクトリーでのライブの後、彼らはカーズのかつてのフロントマンであり、ウィーザー音楽プロデューサーであったリック・オケイセックと出会う。わずかな希望に賭け、彼らはデモテープ『Tafkans』のコピーをオケイセックに渡す。その3週間後、オケイセックはアルバムをプロデュースする意向を伝えた。その後すぐに、バンドはエレクトラ・レコードとの契約を決めた。

アルバム『High/Low』は、1996年1月の19日間でレコーディングおよびマスタリングがなされた。レコーディング費用は、バンドが契約書にサインする前 (1996年1月18日)に、エレクトラ・レコードによって支払われた。

2012年には『THE STARS ARE INDIFFERENT TO ASTRONOMY』をリリースし、ガイデッド・バイ・ヴォイシズのダグ・ギラードが加入した。

ディスコグラフィ 編集

スタジオ・アルバム 編集

  • High/Low (1996年、Elektra)
  • 『ザ・プロクシミティー・エフェクト』 - The Proximity Effect (1998年、Elektra)
  • Let Go (2003年、Barsuk)
  • 『ザ・ウェイト・イズ・ア・ギフト』 - The Weight Is a Gift (2005年、Barsuk/City Slang)
  • 『ラッキー』 - Lucky (2008年、Barsuk/City Slang)
  • 『if I had a hi-fi』 - If I Had a Hi-Fi (2010年、Mardev)
  • 『THE STARS ARE INDIFFERENT TO ASTRONOMY』 - The Stars Are Indifferent to Astronomy (2012年、Barsuk)
  • 『ユー・ノウ・フー・ユー・アー』 - You Know Who You Are (2016年、Barsuk)
  • 『ネヴァー・ノット・トゥギャザー』 - Never Not Together (2020年、Barsuk/City Slang)

EP 編集

  • Karmic (1995年、No.6)
  • The MySpace Transmissions (2008年、MySpace/Barsuk)

ライブ・アルバム 編集

  • Live in Brussels (2004年、Labels/EMI France)
  • 『ピースフル・ゴースト』 - Peaceful Ghosts (2016年、City Slang)

コンピレーション・アルバム 編集

  • North 6th Street (1999年、Noneties Music) ※初期音源集
  • Vinyl Box Set 1994-2008 (2008年、Barsuk/City Slang) ※ファースト・シングルと初期のアルバム5枚のヴァイナル盤ボックスセット
  • B-Sides (2014年、Barsuk)

シングル 編集

  • "The Plan" / "Telescope" (1996年)
  • "Popular" (1996年)
  • "Treehouse" (1996年)
  • "Deeper Well" (1996年)
  • "Why Are You So Mean to Me?" (1998年)
  • "The Way You Wear Your Head" (2002年)
  • "Inside of Love" (2002年)
  • "Hi-Speed Soul" (2003年)
  • "L'Aventurier" (2003年)
  • "Always Love" (2005年)
  • "Imaginary Friends" (2005年)
  • "Whose Authority" (2007年)
  • "See These Bones" (2007年)
  • "I Like What You Say" (2008年)
  • "Electrocution" (2010年)
  • "The Moon is Calling" (2011年)
  • "Waiting for Something" (2012年)
  • "Believe You're Mine" (2015年)
  • "Cold to See Clear" (2015年)
  • "Something I Should Do" (2019年)
  • "Looking For You" (2019年)
  • "So Much Love" (2020年)

外部リンク 編集