メインメニューを開く

ナツズイセン(夏水仙、学名: Lycoris squamigera[2])は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属[3]多年草である。

ナツズイセン
Lycoris squamigera
Lycoris squamigera
(1897、Curtis's Botanical Magazine 123: t. 7547.)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 単子葉類 monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
亜科 : ヒガンバナ亜科 Amaryllidoideae
: ヒガンバナ連 Lycorideae
: ヒガンバナ属 Lycoris
: ナツズイセン L. squamigera
学名
Lycoris squamigera
Maxim.
シノニム
英名
resurrection lily, pink ladies, magic lily

和名は、スイセンに似ていて、に咲くことから[4]。また、花期に葉がないことから、俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる[2][5]

形態・生態編集

地下に鱗茎を持つ。

から翌年のにかけてスイセンに似た葉を出す。ただし、植物学上はスイセンではなくヒガンバナの仲間である[2]

8月中旬から下旬に鱗茎ひとつに対して1本、60cmほどの花茎を伸ばし、ピンク色を咲かせる。ヒガンバナは花を咲かせて枯れた後に葉が伸びるのに対し、ナツズイセンは春に葉を出して枯れた後に花が咲く[2]

ふつう果実はできない[6]

リコリンを含む有毒植物である[2]

分布編集

原産地は中国[2]。中国や日本に分布。

日本では本州から九州の人里近くの山野や道端などの木陰に生育する[2]。古くに中国から渡来した[4]帰化植物と考えられている。カラスノカミソリ(八戸市)やピーピーグサ(神奈川県)などの地方名がある[2]

人間との関わり編集

観賞用に栽培される[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Lycoris x squamigera Maxim.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2014年8月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h 稲垣栄洋『野に咲く花便利帳』主婦の友社、2016年、101頁。
  3. ^ 大場秀章編著『植物分類表』アボック社、2009年、53頁。ISBN 978-4-900358-61-4
  4. ^ a b c 野に咲く花』 70頁。
  5. ^ 岡山市浜本町町内会. “ナツズイセン”. 岡山後楽園植物圖鑑. 2014年8月20日閲覧。
  6. ^ 野に咲く花』 71頁。

参考文献編集

  • 平野隆久写真『野に咲く花 : 写真検索』林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、70-71頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目編集

外部リンク編集