メインメニューを開く

ナディア・ラオウイNadia Raoui1985年6月2日 - )は、ドイツ女性プロボクサーノルトライン=ヴェストファーレン州ヘルネ出身。

ナディア・ラオウイ
基本情報
本名 ナディア・ラオウイ
階級 フライ級
身長 155cm
リーチ 161cm
国籍 ドイツの旗 ドイツ
誕生日 (1985-06-02) 1985年6月2日(34歳)
出身地 ノルトライン=ヴェストファーレン州ヘルネ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 18
勝ち 15
KO勝ち 3
敗け 2
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

ムエタイキックボクシングからプロボクシングに転向し、2006年11月11日、ヴッパータールエリナ・ティッセンと対戦し、4回判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[1]

2008年12月20日、チューリッヒハレンシュタディオンアイリーン・オルシェウスキーが持つWIBA世界フライ級王座に挑戦し、1-1(95-95、98-92、95-96)の判定で引き分けた為、王座獲得に失敗した。

2009年4月4日、デュッセルドルフブルク・ヴェヒター・カステロマリア・ローサ・ターブソWIBA世界フライ級暫定王座決定戦を行い、3-0(100-90、97-93、100-91)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2010年4月24日、ハンブルクシュポルトハレ・ハンブルクWIBFWBAWBO女子世界フライ級王者スージー・ケンティキアンと対戦し、1-2(2者が94-96、96-95)の判定負けを喫しWIBF王座獲得、WBA王座獲得、WBO王座獲得に失敗した[2][3]。この試合を最後に一度引退し、職業訓練を受けた[1]

2011年6月25日、ケルンランクセス・アレーナエフゲニヤ・ザブロツカヤと対戦し、3-0の判定勝ちを収め復帰戦を白星で飾った[4]

2011年12月2日、マンハイムSAPアレーナオクサナ・ロマノヴァと対戦し、3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した[5]

2012年4月13日、ランクセス・アレーナでアイリーン・オルシェウスキーと対戦し、3-0(2者が98-93、100-90)の判定勝ちを収め2度目の防衛に成功した。

2012年9月1日、オーバーハウゼンケーニッヒ・ピルスナー・アレーナで元WBC女子世界ライトフライ級王者のサムソン・トー・ブワマーッと対戦し、3-0(99-92、97-93、97-94)の判定勝ちを収め3度目の防衛に成功した。

2013年3月23日、マクデブルクGETECアレーナWBOWIBF世界フライ級王者メリッサ・マックモローが持つに挑戦し、1-2(91-99、94-96、96-94)の判定負けを喫しWBO王座獲得、WIBF王座獲得に失敗した。

戦績編集

  • キックボクシング:17戦 16勝 13KO 1敗[1]
  • プロボクシング:18戦 15勝 3KO 2敗 1分

獲得タイトル編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b c Presseinformation 30.05.2011 (PDF; 42 kB)” (ドイツ語). Nadia Raoui / Celebration Promotion (2011年5月30日). 2011年12月14日閲覧。
  2. ^ Punktrichter schenken Susi Kentikian den Sieg” (ドイツ語). Die Welt (2010年4月25日). 2011年12月14日閲覧。
  3. ^ Pfiffe für Kentikian, Titel für Kessler” (ドイツ語). Der Spiegel (2010年4月25日). 2011年12月14日閲覧。
  4. ^ Presseinformation 28.06.2011 (PDF; 31 kB)” (ドイツ語). Nadia Raoui / Celebration Promotion (2011年6月28日). 2011年12月14日閲覧。
  5. ^ Nadia verteidigt WM-Gürtel” (ドイツ語). Nadia Raoui / Celebration Promotion (2011年12月3日). 2011年12月14日閲覧。

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
マリア・ローサ・ターブソ
WIBA世界フライ級暫定王者
2009年4月4日 - 2011年
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
アイリーン・オルシェウスキー
第4代WIBA世界フライ級王者

2011年 - 現在

次王者
N/A