メインメニューを開く

ナバテア文字とは、シリア文字から派生し、後にアラビア文字へと発展した文字体系(アブジャド)。現在のヨルダン内にあるペトラを中心に栄えたナバテア王国の言語である、アラム語ナバテア方言を書き表すのに用いられ、周辺地域にも広まった。

ナバテア文字
類型: アブジャド
言語: アラム語(ナバテア方言)
時期: 紀元前2世紀頃-4世紀
親の文字体系:
子の文字体系: アラビア文字
ISO 15924 コード: Nbat
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

一覧編集

シリア文字 ナバテア文字 名称 アラビア文字
ܐ   Alaph ا/ء
ܒ   Beth ب
ܓ   Gamal ج
ܕ   Dalath
ܗ   Heh ه
ܘ   Waw
ܙ   Zain
ܚ   Heth ح
ܛ   Teth
ܝ   Yodh ي
ܟܟ   Kaph ﻛ/ك
ܠ   Lamadh ل
ܡܡ   Meem م
ܢܢ   Noon ن
ܣ   Simkath س
ܥ   'E ع
ܦ   Peh ف
ܨ   Sad'e ص
ܩ   Qoph
ܪ   Resh
ܫ   Sheen س، ش
ܬ   Taw

関連項目編集