メインメニューを開く

ナム」(“Numb”)は、アメリカ合衆国のロックバンド、リンキン・パークによる楽曲で、『メテオラ』からのサード・シングル。リンキン・パークの中でも代表とも言える楽曲の一つ。

ナム
リンキン・パークシングル
初出アルバム『メテオラ
リリース
録音 2002年
ルイジアナ州ニューオーリンズ
ジャンル オルタナティヴ・ロック
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 リンキン・パーク
プロデュース ドン・ギルモア、リンキン・パーク
ゴールドディスク
プラチナム (RIAA)
リンキン・パーク シングル 年表
フェイント
(2003年)
ナム
(2003年)
フロム・ジ・インサイド
(2004年)
ミュージックビデオ
「Numb」 - YouTube
テンプレートを表示

ビルボード誌のホット・モダン・ロック・トラックスチャート (Hot Modern Rock Tracks) において12週連続1位を獲得した[1]。「Billboard Hot 100」での最高位は11位。また、2004年にはJay-Zの楽曲「Encore」とのマッシュアップで「Numb/Encore」としてリリースされた。

ボーカルのチェスターの死後、アメリカのビルボードを含め、各国の公式チャートで再登場を果たした。

プロ野球選手が自身の登場曲として「Numb/Encore」を起用する例が数例あり、日本プロ野球新庄剛志 (SHINJO) 、青木宣親森本稀哲宮出隆自陽岱鋼メジャーリーグベースボールアレックス・ロドリゲスなどである。また、総合格闘家水垣偉弥も入場曲として起用している。

規格と収録曲編集

Part 1
全作詞・作曲: リンキン・パーク。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「“Numb”」リンキン・パークリンキン・パーク
2.「“From The Inside”」(Live at LPU Tour 2003)リンキン・パークリンキン・パーク
3.「“Numb”」(Music video)リンキン・パークリンキン・パーク 
Part 2
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「“Numb”」  
2.「“Easier To Run”」(Live at LPU Tour 2003)  
3.「“Faint”」(Music video)   

出典編集

  1. ^ Whitburn, Joel (2004). The Billboard Book of Top 40 Hits (Billboard Publications): p. 372.