メインメニューを開く

水垣 偉弥(みずがき たけや、1983年12月16日 - )は、日本男性総合格闘家神奈川県三浦市出身。SonicSquad所属。関東学院大学工学部卒業、同大学院修了。元CAGE FORCEバンタム級王者。

水垣 偉弥
基本情報
本名 水垣 偉弥
通称

インテリジェント・スナイパー

ガッキー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-12-16) 1983年12月16日(35歳)
出身地 神奈川県三浦市
所属 シューティングジム八景
→SonicSquad
身長 171cm
体重 61kg
リーチ 177cm
階級 フェザー級修斗
バンタム級NSAC
バックボーン 修斗
テーマ曲 Numb
リンキン・パーク
テンプレートを表示

優れた打撃の技術と、大学院修了ということから「インテリジェント・スナイパー」の異名を持つ。

来歴編集

幼稚園の頃から時代劇を見るのが好きで、小学1年生から逗子剣道協会で剣道を始める。中学時代は剣道部が無かったため野球部に所属するも、引き続き道場に通い剣道の練習は継続。中学生の頃より格闘技に興味を持つ。横浜高校進学後は剣道部に所属し[1]、 引退後にシューティングジム八景で総合格闘技を始めた。大学では電気工学を専攻し、大学在学中にプロ総合格闘家デビュー。父親の後押しで大学院にも進学し[2]ガソリンスタンドで働きながら格闘家としてキャリアを積む。

2002年11月3日、第4回アマチュアパンクラスオープントーナメント60kg未満級に出場し、3回戦で敗退した[3]

2003年7月20日、第3回東日本アマチュア修斗選手権大会フェザー級で準優勝を果たした。

2004年9月20日、第11回全日本アマチュア修斗選手権大会フェザー級で優勝を果たした[4]

2005年、9名参加のフェザー級新人王決定トーナメントでプロ修斗デビュー。決勝で徹肌ィ郎に判定勝ちし、新人王を獲得。さらには新人王決定トーナメントのMVPを受賞した[5]

2006年7月21日、前修斗世界フェザー級王者松根良太と対戦し、スタンドでの真っ向勝負を展開し、1-0の判定ドローに持ち込んだ。

2006年11月10日、修斗で大沢ケンジと対戦。1Rに左フックと右フックで2つのダウンを奪われると、2Rには膝蹴りの連打によりTKO負け。キャリア8戦目でプロ初黒星となった。

CAGE FORCE編集

2007年9月8日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE 04で今泉堅太郎と対戦し、判定勝ちを収めた。

2008年4月5日、CAGE FORCE 06で開幕した初代バンタム級王座決定トーナメントにエントリーされていたが、怪我により1回戦は6月22日のCAGE FORCE 07にスライドされた。

2008年6月22日、CAGE FORCE 07のバンタム級王座決定トーナメント1回戦で藤原大地と対戦。右フックで藤原を失神させ、TKO勝ちを収めた。

2008年9月27日、CAGE FORCE 08遠藤大翼と対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。当初、トーナメント準決勝で中原太陽と対戦予定であったが、中原の怪我によりCAGE FORCE EX -eastern bound-へスライドとなり、さらには中原の怪我が回復せず棄権となり、決勝進出が決定した。

2008年12月6日、CAGE FORCE 09のバンタム級王座決定トーナメント決勝で大石真丈と対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

WEC編集

2009年4月5日、WEC初参戦となったWEC 40ミゲール・トーレスの持つWECバンタム級王座に挑戦。5ラウンド互角に戦い抜くも、0-3の判定負けで王座獲得に失敗。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。この試合は、トーレスの対戦相手だったブライアン・ボウルズが負傷欠場したため、WEC初戦ながらタイトルマッチに抜擢された[6]。8月9日、WEC 42ジェフ・カランと対戦、判定2-1でWEC初勝利を飾った。12月19日、WEC 45スコット・ヨルゲンセンと対戦し、0-3の判定負けを喫したものの[7]、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[8]

2010年4月24日、WEC 48ハニ・ヤヒーラに判定勝ち、WEC2勝目となった[9]

2010年8月18日、WEC 50ユライア・フェイバーと対戦予定であったが、フェイバーの負傷で試合中止となった[10]。11月11日、WEC 52のメインイベントで改めてフェイバーと対戦し、チョークスリーパーで失神させられ一本負けを喫した[11]

UFC編集

2011年3月3日、UFC初参戦となったUFC Live: Sanchez vs. Kampmannでルーベン・デュランと対戦し、2-1の判定勝ち[12]

2011年7月2日、UFC 132ブライアン・ボウルズと対戦し、0-3の判定負け[13]

2011年9月24日、UFC 135コール・エスコベドと対戦し、TKO勝ち[14]

2012年2月26日、日本開催となったUFC 144クリス・カリアソと対戦し、0-3の判定負け。物議を醸す判定だったため負けた水垣にも勝利ボーナスが支払われた[15]。11月10日、UFC on Fuel TV 6でジェフ・ホウグランドと対戦し、3-0の判定勝ち。

2013年3月3日、日本開催となったUFC on Fuel TV 8ブライアン・キャラウェイと対戦。2Rにダウンを喫すも3Rに怒涛の追い上げを見せ、2-1の判定勝ち。12月6日、UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfootナム・ファンと対戦し、3-0の判定勝ち。

2014年5月24日、UFC 173でバンタム級ランキング10位のフランシスコ・リベラと対戦し、3-0の判定勝ち。5連勝となった。当初はバンタム級ランキング4位のTJ・ディラショーと対戦する予定であったが、ディラショーが同大会で行われるタイトルマッチに挑戦する事になったために対戦相手がリベラに変更された。

2014年9月27日、UFC 178でバンタム級ランキング10位のドミニク・クルーズと対戦し、1RKO負け[16]

2016年8月20日、UFC 202でバンタム級ランキング11位のコーディ・ガーブラントと対戦し、パウンドでTKO負け。

2016年12月17日、UFC on FOX 22でバンタム級ランキング13位のエディ・ワインランドと対戦し、パンチでTKO負け。この試合を最後にUFCをリリースされた。

2019年5月12日、約10年半ぶりの国内団体参戦となったDEEP 89 IMPACTで昇侍と対戦し、3-0の判定勝ち[17]

2019年8月18日、RIZIN.18マネル・ケイプと対戦し、2Rに右フックでKO負け。

人物・エピソード編集

戦績編集

プロ総合格闘技編集

総合格闘技 戦績
39 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 5 1 17 0 2 0
14 6 2 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マネル・ケイプ 2R 1:36 KO(右フック) RIZIN.18 2019年8月18日
昇侍 5分3R終了 判定3-0 DEEP 89 IMPACT 2019年5月12日
ピエトロ・メンガ 5分3R終了 判定3-0 ACB 87: Mousah vs. Whiteford 2018年5月19日
× ムラッド・カラモフ 5分3R終了 判定0-3 ACB 80: Burrell vs. Tumenov 2018年2月16日
× エディ・ワインランド 1R 3:04 TKO(右フック) UFC on FOX 22: VanZant vs. Waterson 2016年12月17日
× コーディ・ガーブラント 1R 0:48 KO(右フック→パウンド) UFC 202: Diaz vs. McGregor 2 2016年8月20日
ジョージ・ループ 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Barnett vs. Nelson 2015年9月27日
× アルジャメイン・スターリング 3R 2:11 肩固め UFC on FOX 15: Machida vs. Rockhold 2015年4月18日
× ドミニク・クルーズ 1R 1:01 KO(パウンド) UFC 178: Johnson vs. Cariaso 2014年9月27日
フランシスコ・リベラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 173: Barao vs. Dillashaw 2014年5月24日
ナム・ファン 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Hunt vs. Bigfoot 2013年12月6日
エリック・ペレス 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2 2013年8月28日
ブライアン・キャラウェイ 5分3R終了 判定2-1 UFC on Fuel TV 8: Silva vs. Stann 2013年3月3日
ジェフ・ホウグランド 5分3R終了 判定3-0 UFC on Fuel TV 6: Franklin vs. Le 2012年11月10日
× クリス・カリアソ 5分3R終了 判定0-3 UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
コール・エスコベド 2R 4:30 TKO(パウンド) UFC 135: Jones vs. Rampage 2011年9月24日
× ブライアン・ボウルズ 5分3R終了 判定0-3 UFC 132: Cruz vs. Faber 2011年7月2日
ルーベン・デュラン 5分3R終了 判定2-1 UFC Live: Sanchez vs. Kampmann 2011年3月3日
× ユライア・フェイバー 1R 4:50 チョークスリーパー WEC 52: Faber vs. Mizugaki 2010年11月11日
ハニ・ヤヒーラ 5分3R終了 判定3-0 WEC 48: Aldo vs. Faber 2010年4月24日
× スコット・ヨルゲンセン 5分3R終了 判定0-3 WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
ジェフ・カラン 5分3R終了 判定2-1 WEC 42: Torres vs. Bowles 2009年8月9日
× ミゲール・トーレス 5分5R終了 判定0-3 WEC 40: Torres vs. Mizugaki
【WEC世界バンタム級タイトルマッチ】
2009年4月5日
大石真丈 2R 0:57 TKO(パウンド) CAGE FORCE 09
【バンタム級王座決定トーナメント 決勝】
2008年12月6日
遠藤大翼 1R 4:34 チョークスリーパー CAGE FORCE 08 2008年9月27日
藤原大地 1R 2:38 TKO(右フック→パウンド) CAGE FORCE 07
【バンタム級王座決定トーナメント 1回戦】
2008年6月22日
小塚誠司 5分2R終了 判定3-0 CAGE FORCE 05 2007年12月1日
今泉堅太郎 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE 04 2007年9月8日
上田将勝 5分3R終了 判定0-1 修斗 BACK TO OUR ROOTS 04 2007年7月15日
× 山本篤 5分3R終了 判定0-3 修斗 BACK TO OUR ROOTS 01 2007年2月17日
× 大沢ケンジ 2R 0:59 TKO(膝蹴り) 修斗 2006年11月10日
松根良太 5分3R終了 判定1-0 修斗 2006年7月21日
亘理崇麿 1R 3:49 TKO(パウンド) 修斗 SHOOTO The DEVILOCK 2006年5月12日
徹肌ィ郎 5分2R終了 判定3-0 修斗
【新人王決定トーナメント フェザー級 決勝】
2005年12月17日
松本輝之 1R 0:13 TKO(右ストレート) 修斗
【新人王決定トーナメント フェザー級 準決勝】
2005年11月6日
加藤"JET"シン 5分2R終了 判定2-0 修斗
【新人王決定トーナメント フェザー級 準々決勝】
2005年9月23日
矢作尚紀 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場 第11弾 〜後楽園へ行こう!〜 2005年6月3日
山下悟史 5分2R終了 判定3-0 修斗 下北沢修斗劇場 第10弾 〜本物は誰だ!〜
【新人王決定トーナメント フェザー級 1回戦】
2005年2月6日

アマチュア総合格闘技編集

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
矢作尚紀 2R 1:08 チョークスリーパー 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【フェザー級 決勝】
2004年9月20日
藤井徹 4分1R終了 ポイント26-20 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【フェザー級 準決勝】
2004年9月20日
山内延浩 4分1R終了 ポイント22-21 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【フェザー級 2回戦】
2004年9月20日
永添潤 4分1R終了 ポイント24-19 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会
【フェザー級 1回戦】
2004年9月20日
× 高洲佳正 1R 3:53 ドラゴン固め 第4回アマチュアパンクラスオープントーナメント
【60kg未満級 3回戦】
2002年11月3日
新井真 1R 2:05 チョークスリーパー 第4回アマチュアパンクラスオープントーナメント
【60kg未満級 2回戦】
2002年11月3日
佐藤直登 5分1R終了 判定3-0 第4回アマチュアパンクラスオープントーナメント
【60kg未満級 1回戦】
2002年11月3日

獲得タイトル編集

表彰編集

  • 剣道 参段
  • WEC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)

脚注編集

  1. ^ UFCファイター水垣偉弥インタビュー 剣道情報総合サイト LET'S KENDO
  2. ^ モチベーションはチャンピオンとお金!?UFCファイター水垣偉弥に聞く・後編 Sportsnavi 2013年11月29日
  3. ^ 第4回アマチュアパンクラストーナメント60kg未満級 パンクラス公式サイト
  4. ^ 第11回全日本アマチュア修斗選手権大会 修斗公式サイト
  5. ^ [修斗] 2005年度新人王MVPはフェザー級の水垣が獲得 BoutReview 2006年2月20日
  6. ^ 【WEC40】水垣偉弥、ニホンの金網トップから世界の頂点へ MMAPLANET 2009年4月3日
  7. ^ 【WEC45】水垣、3ラウンドに盛り返すも無念の敗戦 MMAPLANET 2009年12月20日
  8. ^ WEC 45 bonuses: Cerrone, Ratcliff, Jorgensen, Mizugaki share "Fight of the Night" (Updated) MMAjunkie.com 2009年12月20日
  9. ^ 【WEC48】水垣偉弥が背水の出陣、その結果は――? MMAPLANET 2010年4月25日
  10. ^ 【WEC50】クルーズ×ベナビデス、スイッチ対決開戦間近 MMAPLANET 2010年8月19日
  11. ^ 【WEC52】水垣無念、ユライアのチョークに散る MMAPLANET 2010年11月12日
  12. ^ 水垣がUFCデビュー戦で貴重な白星、ディエゴは逆転勝利 MMAPLANET 2011年3月3日
  13. ^ 【UFC132】水垣、北米勝ち越しを懸けたボーウルズ戦は? MMAPLANET 2011年7月2日
  14. ^ 【UFC135】水垣、生き残りを賭けた一戦で勝利の雄叫び MMAPLANET 2011年9月25日
  15. ^ 水垣偉弥「負ける要素が見当たらない」理不尽な判定負けにブーイング=UFC JAPAN スポーツナビ 2012年2月29日
  16. ^ クルーズ、欠場の跡を感じさせず61秒で完勝 UFC公式サイト 2014年9月27日
  17. ^ 【DEEP】弥益ドミネーター聡志がDJ.taikiをTKO、初防衛に成功。大塚がPXC王者に敗れる。水垣偉弥は昇侍との熱戦制す=5.12 DEEP速報 ゴング格闘技 2019年5月12日
  18. ^ 『WEC』 水垣偉弥のインタビュー MMA通信 2010年7月10日
  19. ^ 水垣 偉弥さんの体験談 神戸神奈川アイクリニック 

関連項目編集

外部リンク編集