ナーランダ・カレッジ (ビハール・シャリーフ)

ナーランダ・カレッジ (Nalanda College)、ないし、ナーランダ・カレッジ・ビハールシャリーフ (Nalanda College, Biharsharif) は、インドビハール州ナーランダ県の県都ビハール・シャリーフにあるカレッジ。パータリプトラ大学英語版を構成する単位組織のひとつ[1]1870年に創設された、北インドでは最も古い歴史のあるカレッジのひとつである。学生たちはおもにビハール・シャリーフ周辺の村や小さな町から集まっている。インド政府は、1970年に、カレッジの百周年を記念し、校舎の画像を描いた切手を発行した。このカレッジは、大学学部レベルと大学院レベルのコースを、科学、商学、学芸の分野で提供している。

Nalanda College, Biharsharif
種別 大学学部、大学院
設立年 1870年
所在地 インドの旗 インド
ビハール州ナーランダ県ビハール・シャリーフ
パータリプトラ大学
公式サイト http://nalandacollegepup.com/
テンプレートを表示
ナーランダ・カレッジの百周年に発行された記念の郵便切手。

歴史編集

ビハール・シャリーフ・ナーランダ・カレッジ (Bihar Sharif Nalanda College) は、ビハール州の大地主であったカントー・シン (Canto Singh) という人物によって創設された。彼はカレッジに8.7エーカー(約3.5ヘクタール)の土地を寄付した。その貢献を記念し、キャンパスには、彼の銅像が立てられている。カレッジは、古代の砦の遺跡が残る一帯に建設されているが、これは古代のオーダンタプリー英語版大学(僧院)の一部であったと考えられている[2]

当初のこのカレッジは、カルカッタ大学の傘下にあったが、その後、ビハール大学英語版の傘下に移り、さらにマガド大学英語版傘下となって、ボドガヤ・D・P・シン (Bodhgaya. D. P. Singh) がカレッジの学長に任命された。その引退後は S・N・シンハ博士 (Dr. S. N. Sinha) が学長を引き継いだ[3]

著名な教員編集

おもな出身者編集

脚注編集

外部リンク編集

座標: 北緯25度12分13秒 東経85度31分34秒 / 北緯25.2036度 東経85.5261度 / 25.2036; 85.5261