メインメニューを開く

ニコラ・ダンジュー(Nicolas d'Anjou)またはニコラ1世・ド・ロレーヌ(Nicolas Ire de Lorraine, 1448年 - 1473年)は、ロレーヌ公(在位:1470年 - 1473年)。ジャン2世と妃マリー(ブルボン公シャルル1世の娘)の子。

ニコラ1世・ド・ロレーヌ
Nicolas Ire de Lorraine
ロレーヌ公
49. Nicolas d'Anjou, duc de Lorraine, et sa fiancée Marie de Bourgogne.jpg
ロレーヌ公ニコラと婚約者であったマリー・ド・ブルゴーニュ
出生 1448年
Flag of Lorraine.svg ロレーヌ公国ナンシー
死去 1473年
Flag of Lorraine.svg ロレーヌ公国、ナンシー
父親 ロレーヌ公ジャン2世
母親 マリー・ド・ブルボン
テンプレートを表示

目次

生涯編集

フランス王ルイ11世の娘アンヌ・ド・ボージューと、その後マリー・ド・ブルゴーニュと婚約していたが結婚は果たさず、庶子として一女マルグリット(ダンマルタン伯ジャン4世と結婚)がいたのみであった。

ニコラの死後、ロレーヌ公国は叔母ヨランドとその子ルネ2世が相続した。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

先代:
ジャン2世
ロレーヌ公
1470年 - 1473年
次代:
ヨランド