ニコンミュージアムは、東京都港区港南品川インターシティC棟2Fに所在する、ニコン製品の博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ニコンミュージアム
NIKON MUSEUM
Nikon Museum entrance 2015 October.jpg
施設情報
正式名称 ニコンミュージアム
専門分野 精密機器
管理運営 株式会社ニコン
開館 2015年10月17日
所在地 108-6290
東京都港区港南2-15-3
品川インターシティC棟 2階
外部リンク https://www.nikon.co.jp/corporate/museum/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
ニコン本社およびニコンミュージアムが入居する品川インターシティC棟(手前)

概要編集

2017年7月の同社創立100周年を記念して開設。これまでのニコンの歴史や、数多くの製品、技術などを展示する初の施設となる[1]。580平方メートルのスペースに、ニコンの歴代カメラをはじめ、顕微鏡、測定機、半導体露光装置などを展示する[1][2]。 カメラメーカーが自社の製品を展示するミュージアムとしては国内初となる[2]。『ニコン党員』[3]と呼ばれるニコンファンの間では、ここを訪れることを「ミュージアム詣で」と呼んでいる[4]

展示内容編集

A Century at Nikon 光と精密、100年の足跡
1917年の創業からの歴史を壁面に紹介。
合成石英ガラスインゴット
ニコンが製造する、半導体露光装置用に使われる大型の合成石英ガラスインゴットをミュージアムのシンボルとして設置。手で触れることも可能。
Theater 映像と音楽で振り返るニコンの100年
和田薫が作曲した交響組曲を和田自ら指揮したオーケストラ演奏に、ニコンの歴史や製品を織り交ぜた動画を上映する。
Universe of Nikon ニコンがひらく世界
プロジェクターと大型スクリーンを使って、ニコンが開発する先端の世界(人体や半導体)の映像が見られる[5]。スクリーンの前にあるトラックボールを操作して映像を選択する。
Lens Laboratory レンズの実験室
写真家の監修により、低年齢層向けの映像を用いて、レンズがどういった働きをするかを体験できる、世代を問わず楽しめる実験スペース。
Spirit of Nikon 次の100年へ、受け継がれる精神
ニコンの100年の歴史の原点や光学ガラスや探照灯用反射鏡を展示。
トピックス展示
報道カメラ、試作品カメラ、写真画像電送装置、双眼鏡、メガネレンズなどを展示。
映像とニコン
「ニコンI型」から最新のデジタル一眼レフカメラまで、約450点のカメラとレンズを一堂に展示[5]。関連エピソードや技術も解説。
産業とニコン
半導体製造装置や測定機器の展示。半導体製造に用いられる縮小投影型露光装置の稼働実演が見られる。
バイオ・医療機器とニコン
顕微鏡やマイクロスコープといった健康・医療分野の製品を展示。
宇宙とニコン
天体観測機器、スペースシャトルに搭載された宇宙用カメラ、人工衛星に搭載される光学機器などを、赤外線天文衛星「あかり」の模型とともに解説。

ミュージアムショップ編集

入り口そばに小規模なミュージアムショップを設置[5]。自動販売機でチケットを購入して、インフォメーションに渡す。一口羊羹をはじめ、様々なミュージアム限定品も販売されている[4]

アクセス編集

品川駅港南口徒歩7分。駅を出て右手の「インターシティ」方面を進み、C棟に入ってニコン本社総合受付の先を左に入る。入場無料。ただし日曜日と祝日は休館。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集