ニャウンウー: Nyaung-U; ビルマ語: ညောင်ဦး[1] ALA-LC翻字法: Ññoṅʻ Ū"、/ɲàuN ʔú/)は、ミャンマー北部のマンダレー地方域にある町である。

ニャウンウー
Nyaung-U

ညောင်ဦး
シュエズィーゴン・パゴダ
シュエズィーゴン・パゴダ
座標 : 北緯21度12分 東経94度55分 / 北緯21.200度 東経94.917度 / 21.200; 94.917
行政
ミャンマーの旗 ミャンマー
  マンダレー地方域の旗 マンダレー地方域
ニャウンウー
Nyaung-U
その他
等時帯 ミャンマー標準時 (UTC+6:30)

ミャンマーの仏教遺跡として著名なバガン近郊にある町であり、ミャンマー各地と交通網で結ばれた空港や長距離バスのターミナルが存在する。ニューバガンとともに、バガン観光の拠点となる町である。シュエズィーゴン・パゴダは、ニャウンウーに含まれている。

仏教遺跡が集中するオールドバガン地区には、ミャンマー政府の方針により宿泊施設は5軒の中・高級ホテルがあるだけで、ゲストハウスなどの安宿は皆無である。旅行者はオールドバガンの北東にあるニャウンウーか、南にあるニューバガンに滞在することが多い。

ニャウンウーにはゲストハウスなどの宿泊施設や、レストラン、インターネットカフェなどが集中する。また、この地域で最大のマーケットがある。オールドバガンまでは電動自転車、自転車、馬車、タクシー、乗り合いトラックなどで向かうこととなる。

ニャウンウーが登場するビルマ語のことわざညောင်ဦးကမ်းပါးပြို၊ စမ္ပာနဂိုရ်က နွားမပေါင်ကျိုး(ALA-LC: Ññoṅʻ Ū" kamʻ" pā" prui | campānaguirʻ ka nvā" ma poṅʻ kyui" ||)「ニャウンウーの崖が崩れて、チャンパナガラの牝牛の脚が折れる」というものがあるが、これは〈何の脈絡もない〉という意味合いである[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 大野, 徹『ビルマ(ミャンマー)語辞典』大学書林、2000年、208頁。ISBN 4-475-00145-5