メインメニューを開く

ニューかめりあは、カメリアラインが運航しているフェリー

ニューかめりあ
Car ferry New Camellia.jpg
博多港に接岸中の「ニューかめりあ」
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 日本郵船[1]
運用者 カメリアライン[1]
建造所 三菱重工業下関造船所(1104番船)[1]
航行区域 沿海
船級 JG
信号符字 JG5720 無線局免許状情報
IMO番号 9304497
MMSI番号 431602232
経歴
起工 2003年9月18日[1]
進水 2004年2月20日[1]
竣工 2004年6月28日[1]
就航 2004年7月
現況 就航中
要目
総トン数 10,862 トン(国内総トン)
19,961 トン(国際総トン) [1]
載貨重量 4,642 トン
全長 170.00 m[1]
垂線間長 158.00 m[1]
全幅 24.00 m[1]
深さ 17.90 m[1]
喫水 6.00 m[1]
満載喫水 6.00 m[1]
デッキ数 6層
機関方式 ディーゼル
ボイラー 大阪ボイラー製作所 OEV-350-20 1基[1]
主機関 JFE 18PC2-6V 2機[1]
推進器 4翼可変ピッチプロペラ 2軸[1]
最大出力 19,800 kW[1]
定格出力 16,830 kW[1]
最大速力 25.88ノット[1]
航海速力 23.5ノット[1]
航続距離 4,300海里[1]
旅客定員 522名[1](最大647名)
乗組員 49名[1]
積載能力 220TEU
車両搭載数 乗用車41台
テンプレートを表示

概要編集

かめりあの代船として三菱重工業下関造船所で建造され、2004年7月に就航した。

航路編集

日韓航路

  • 博多港(博多港国際ターミナル) - 釜山港(国際フェリーターミナル)

博多発は昼行便、釜山発は夜行便として1日1往復が運航される。運航ダイヤは、北行は博多発12時30分、釜山着18時、所要時間は5時間30分、南行は釜山発20時、博多着翌7時30分、所要時間は11時間30分である。

設計編集

船体は6層構造で、6DECKが操舵室および乗組員区画、5・4・3DECKは旅客区画、1・2DECKが車両搭載区画となっている。右舷の船首および船尾にランプウェイを装備する。 国際フェリー初の交通バリアフリー法に基づいて作成された鉄道・運輸機構の旅客船バリアフリー設計マニュアルに準拠したバリアフリー高度化船である[1]

船内編集

船室編集

船室タイプ一覧
クラス タイプ 部屋数 設備
特別室 ツイン 3名×2室 プライベートデッキ、ウォークインクローゼット、ユニットバス、トイレ、テレビ、冷蔵庫付
特等室 ツイン・洋室 2名×4室 クローク、シャワールーム、トイレ、テレビ、冷蔵庫
ツイン・和洋室 3名×2室
シングル 1名×4室
一等 和室A 5名×21室 座卓、押入れ、テレビ、洗面台
洋室B 2名×22室 2段ベッド、テーブル、椅子、クローク、テレビ、洗面台
洋室C 4名×12室 2段ベッド、テーブル、椅子、クローク、テレビ、洗面台
二等室 大部屋 24室(301名) テレビ、更衣室

設備編集

パブリックスペース

  • インフォメーション
  • エントランス
  • 展望ラウンジ(フォワードサロン)
  • 多目的ホール

供食・物販設備

  • レストラン
  • 免税店
  • 自動販売機

入浴設備

  • 展望風呂

娯楽設備

  • カラオケルーム
  • ゲームコーナー


脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 新造船の要目データベース」『海技研ニュース 船と海のサイエンス』2004年秋号、海上技術安全研究所、2004年、2018年5月15日閲覧。

外部リンク編集