ニューウェ・マース川

ニューウェ・マース川またはニュー・マース川Nieuwe Maas)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。

ニューウェ・マース川
Nieuwe Maas
Location Nieuwe Maas.PNG
延長 24 km
水源 リデルケルク基礎自治体
レク川ノールト川
河口・合流先 フラールディング基礎自治体
スホール川
流域 オランダの旗 オランダ
テンプレートを表示
ロッテルダムのビル群とエラスムス橋
1769年の地図
今日

リデルケルクの北岸でレク川ノールト川が合流した地点より下流がニューウェ・マース川となる。そこから西へ、ロッテルダム市街地中心部を横断するように流れ、ロッテルダムの西端付近でアウデ・マース川と合流する地点までの約24kmがニューウェ・マース川である。

ニューウェ・マース川はオランダで最も都市化された地域を横断しており、大規模なロッテルダムの港湾施設なども流域に連なっている。河川幅は265mから465mである。

川の名前に「マース」と入っているが、実際に流れている水のほとんどはライン川起源である。

ニューウェ・マース川本流の経路

ライン川 > パネルデン運河 > ネーデルライン川 > レク川 > ニューウェ・マース川 > スホール川 > 北海

歴史編集

中世初期においてこの川は(ライン川の分流の)メルウェデ川の下流にあたる川で、名前もそのようにつけられていた。何度かの洪水を経てマース川が流路を変えて、メルウェデ川の流路に重なり、この川の名前もマース川に因んで付けられた。その後何世紀もの間、アウデ・マース川とともにマース川の河口三角州部分を流れる本流の一部分であった。しかし、再びライン川とマース川の流路が南に移った結果、この川の源流は再びライン川となって現在に至っている。現在、マース川起源の水はほんの少ししかこの川に流れていない。

流域の自治体・都市編集

  オランダ
南ホラント州リデルケルクロッテルダムフラールディング

支流編集

関連項目編集

  • デルタ計画 - ライン・マース・スヘルデ三角州を高潮から守るために作られた20世紀中ごろの計画。この計画に基づいてダム・堤防・水門・閘門などが整備されている。
  • オランダの河川一覧
 
ニューウェ・マース川(Openstreetmapより)

外部リンク編集

座標: 北緯51度54分07秒 東経4度25分20秒 / 北緯51.902024度 東経4.422255度 / 51.902024; 4.422255