メインメニューを開く

ニューギニア航空73便着水事故(ニューギニアこうくう73びんちゃくすいじこ)は、2018年9月28日にポンペイ国際空港ポートモレスビー・ジャクソン国際空港行きのニューギニア航空73便(ボーイング737-8BK)が経由地であるチューク国際空港への着陸時に空港から135mのラグーンに着水した航空事故である。乗員乗客47人中1人が死亡した。乗員乗客は地元住民とアメリカ海軍の兵士によって救助された[1]

ニューギニア航空 73便
Passengers being rescued from P2-PXE after it crashed on 28 September 2018.jpg
ラグーンに着水した事故機
(救助された乗客が撮影)
事故の概要
日付 2018年9月28日
概要 パイロットエラー、及び状況認識の喪失による滑走路手前の海への着水
現場 ミクロネシア連邦の旗 ミクロネシア連邦 チューク国際空港付近のラグーン
北緯7度27分12.55秒 東経151度50分9.86秒 / 北緯7.4534861度 東経151.8360722度 / 7.4534861; 151.8360722座標: 北緯7度27分12.55秒 東経151度50分9.86秒 / 北緯7.4534861度 東経151.8360722度 / 7.4534861; 151.8360722
乗客数 35
乗員数 12
死者数 1
生存者数 46
機種 ボーイング737-8BK
運用者 パプアニューギニアの旗 ニューギニア航空
機体記号 P2-PXE
出発地 ミクロネシア連邦の旗 ポンペイ国際空港
経由地 ミクロネシア連邦の旗 チューク国際空港
目的地 パプアニューギニアの旗 ポートモレスビー・ジャクソン国際空港
テンプレートを表示

事故機編集

 
2014年4月にブリスベン空港で撮影された事故機

事故機のボーイング737-8BK(P2-PXE)はシリアル番号33024、ボーイングのラインナンバー1688として製造された。2005年4月に初飛行を行っていた[2]

2005年4月19日にエア・インディア・エクスプレスにVT-AXCとして納入された[2]。同年7月6日、コーチン国際空港で着陸時にオーバーランし損傷を受けた[3]。2010年7月29日に、ジェットエアウェイズに売却され、VT-JBTとして再登録された。2013年7月24日にCIT Leasing Corporationへ売却され、同年9月13日にニューギニア航空が購入し、P2-PXEとして登録された[2]。2018年5月18日、ポート・モレスビー空港に駐機していたところ、リンデン・エアカーゴロッキード L-100 ハーキュリーズ(N403C)に衝突され、右翼に損傷を受けた[4]

事故の経緯編集

ニューギニア航空73便は国際定期便で、ポンペイ国際空港からチューク国際空港を経由してポートモレスビー・ジャクソン国際空港へ向かう予定だった。73便は現地時間10時10分に、チューク国際空港から135m離れたラグーンに着水した。乗員乗客47人中46人は、地元住民とアメリカ海軍の兵士によって救助された[2][5]。1人が行方不明となっていたが、10月1日に遺体が発見された。また、9人が病院に運ばれ、負傷者の中には骨折した人もいた[6][7]。事故当時、空港周辺で雷雨が発生していたとの情報もある[8]。機体は100フィート (30 m)の水中に水没した[5]

事故調査編集

パプアニューギニアの航空事故調査委員会が調査を開始した[9]。10月26日に予備報告書が発行された[10]

2019年7月18日、調査委員会は最終報告書を発表した。パイロットは、ニューギニア航空の標準的な手順や、進入時や着陸前に行うべきチェックリストを行わなかった。進入の最終段階において自動操縦を解除したが、解除後の飛行経路は不安定となっていた。計器飛行状態(IMC)になる直前、PAPIは白3灯状態であり、飛行経路より僅かに高い位置を飛行していることを示唆していた。IMCでは降下速度が毎分1,000フィート (300 m)を越えていた。最低降下高度を通過した後、グライドスロープを下方に逸脱し始めた。これにより、地表接近警報やグライドスロープの逸脱を知らせる警報など、計13の警報が作動したがパイロットは無視した。さらに、EGPWSは、フライトディスプレイに「PULL UP」の警告を表示していた。パイロット達は、状況認識を喪失しており、進入が不安定にも関わらず機長は着陸復航を行おうとしなかった[11]

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Air Niugini - Press Statement”. 2018年9月29日閲覧。
  2. ^ a b c d P2-PXE Accident description”. Aviation Safety Network. 2018年9月28日閲覧。
  3. ^ “Flight Operations in raining conditions - with special reference to the Indian sub-continent”. Flight Safety Notes (Kuwait Airways) (December 2007). http://www.kaepa.org.kw/kaepa/pdfs/fltopsinrainingconditions.pdf 2018年9月29日閲覧。. 
  4. ^ Preliminary Report AIC 18-001”. Papua New Guinea Accident Investigation Commission (2018年6月7日). 2018年9月29日閲覧。
  5. ^ a b White, Matthew R.. “U.S. Navy UCT 2 Renders Assistance Following Plane Crash in Chuuk”. United States Navy 7th Fleet. 2018年9月28日閲覧。
  6. ^ “Air Niugini Says All on Board Rescued After 737 Lands in Chuuk Lagoon”. Australian Aviation. (2018年9月28日). http://australianaviation.com.au/2018/09/air-niugini-says-all-on-board-rescued-after-737-lands-in-chuuk-lagoon/ 2018年9月28日閲覧。 
  7. ^ Dye, Josh (2018年9月28日). “PNG-bound Air Niugini flight lands in lagoon”. The Sydney Morning Herald. 2018年9月28日閲覧。
  8. ^ Hradecky, Simon. “Accident: Niugini B738 at Chuuk on Sep 28th 2018, touched down in sea short of runway”. The Aviation Herald. 2018年9月28日閲覧。
  9. ^ Passengers safe after Air Niugini flight crashes into sea in Micronesia”. Reuters (2018年9月28日). 2018年9月29日閲覧。
  10. ^ Preliminary Report 18-1001”. Department of Transportation, Communications & Infrastructure. 2018年10月26日閲覧。
  11. ^ Final Report AiC 18-004”. Papua New Guinea Accident Investigation Commission. 2019年7月18日閲覧。