メインメニューを開く

NHKニュース解説(エヌエイチケイにゅーすかいせつ)は1972年4月3日 - 1984年3月と、1991年4月 - 9月に放送されたNHK総合テレビのニュース解説番組[1]

ニュースや社会事象について、その意味や背景を分析、解明し、論点をわかりやすく解説する、NHK解説委員のストレートトークが基本のフォーマット。 1954年『ニュースの焦点』に改題。1972年ふたたび『ニュース解説』となるなど番組名称は度々変わった。 1978年頃のオープニング音楽は冨田勲が手がけた。(CD「TOMITA ON NHK」に収録されている。)

1985年4月改編で、「きょうのスポーツとニュース」に統合。枠内で「きょうの焦点」(平日)として放送[2]。土曜は「視点」に[3]、日曜は「あすへの展望」となった[3]

1991年4月から再び『NHKニュース解説』として半年間放送。これは同時期終了したNHK教育テレビ「テレビコラム」の要素を受け継いだ内容だった。

1991年10月から「視点・論点」に変更。当初は総合テレビでの放送だったが、1994年4月からは教育テレビ(2011年4月より「Eテレ」)に放送チャンネルを移行(さらに2011年4月から総合テレビの早朝番組に復帰)。以後深夜の総合テレビにおけるニュース解説番組は『NHKニュース11』に引き継がれる。

ラジオ時代編集

戦前のラジオ時代から「ニュース解説」の番組は放送されていたが、戦時中は中断。再開したのは、戦後1948年[4](なお、NHK年鑑には放送開始が1947年となっている。)。

出典編集

  1. ^ ニュース解説 - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  2. ^ 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'86』 日本放送出版協会、1986年、111頁。 
  3. ^ a b 日本放送協会放送文化調査研究所放送情報調査部 『NHK年鑑'86』 日本放送出版協会、1986年、115頁。 
  4. ^ ニュース解説(ラジオ)- NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス