メインメニューを開く

ニュートラNew Traditional)、1970年代中頃から1980年代中頃にかけて日本で流行したファッションスタイルである。現在に至るブランドブームの起源とされる。

概要編集

1970年代に神戸アパレルメーカーが製造していた若い女性向けのファッションをファッション誌an・an』がニュートラと総称したことが語源とされる。1975年頃よりファッション誌『JJ』や『CanCam』などが頻繁に取り上げて、一大ファッションブームとなった。エルメスジバンシーフェンディグッチセリーヌエミリオ・ブッチイヴ・サンローランをはじめとする海外高級ブランドユーザーの大衆化(若年齢化)やセレクトショップのブーム、ファッション誌のモデル大量起用など、その後の日本のファッションに多大な影響を及ぼした。

特徴編集

トラッドを基本として、それに海外有名ブランドの商品をコーディネートするスタイルが主流。 ブレザーやワンピース、カーディガンなどの定番アイテムに、グッチやフェンディ、セリーヌ、エルメスなどの海外有名ブランド小物を合わせるというもの。 また、派手な色使いのシャツにセミタイトのスカート、ゴールドのバックルに、高級ブランドの小物を合わせるスタイルなどもある。 よくいえば「お嬢様風」「大企業の社長室秘書風」、悪くいえば成金趣味のスタイルであるとも描写される[1]

特に重視されたのがルイ・ヴィトンセリーヌフェンディなどヨーロッパの高級ブランドのバッグであるが、この際には一目見てどこのブランドか判別出来ることが重視された[2]

主なファッションブランド・セレクトショップ編集

脚注編集

  1. ^ 三田村、63頁。
  2. ^ 三田村、65頁。

参考文献編集

関連項目編集