メインメニューを開く

ニューヨーク市地下鉄R179形電車

ニューヨーク市地下鉄の電車

ニューヨーク市地下鉄R179形電車(ニューヨークしちかてつR179がたでんしゃ)は、ニューヨーク市地下鉄が保有する4扉の通勤形電車である。

ニューヨーク市地下鉄R179形電車
C線で使用されるR179形電車 (34丁目駅・2019年7月23日)
C線で使用されるR179形電車
34丁目駅・2019年7月23日)
基本情報
運用者 ニューヨーク市地下鉄
製造所 ボンバルディア・トランスポーテーション
製造年 2017年 -
製造数 318両 (予定)
運用開始 2017年12月27日(4両編成)
2019年3月12日(5両編成)
主要諸元
編成 4両または5両編成
軌間 1,435mm(標準軌
電気方式 直流625V
第三軌条方式
最高運転速度 91 km/h
設計最高速度 不明
起動加速度 4.0 km/h/s
減速度(常用) 最大4.0 km/h/s
減速度(非常) 5.2 km/h/s
車両定員 先頭車:252名(着席54名)
中間車:258名(着席56名)
全長 18,350 mm
全幅 2,978 mm
全高 3,967 mm
車体 ステンレス鋼
台車 ボルスタ付軸はり式空気ばね台車
B-45P
主電動機 かご形三相誘導電動機
TM1301SP
主電動機出力 110kW
駆動方式 WN平行カルダン駆動方式低騒音形ギアユニット
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 ボンバルディア・トランスポーテーション
制動装置 電気指令式電磁直通ブレーキ
保安装置 打子式ATS
テンプレートを表示

概要編集

大型車両が走る「Bディビジョン」車両のうち、R32形及びR42形の置き換え[1]を行うため導入された。先代のR160形をベースとしつつも、細かい部分などを中心に変更点が見られる。

この車両はボンバルディア・トランスポーテーションが一括受注し、今後はすでに営業運転を開始している編成を含め5両編成26本と4両編成47本の計318両が導入予定とされている。

車体編集

R160形に引き続き、無塗装のステンレス車体が採用された。R160形とは前面のライトの下部の塗分けや、乗務員室の横にある窓枠が太くなっているところが異なる。R160形と同様、前面上部にはLED式の走行路線の表示器が、下部にはアンチクライマーが設置されている。また、連結器は電気連結器付き密着連結器を採用している。

車内編集

車内についてもベンチのような座席や次駅案内表示器などR160形を踏襲した部分が多いが、扉付近の握り棒の形状変更が目につくところであり、R160形でも握り棒を同様のものに交換された車両が存在する。天井ではスピーカーの位置が変更されている。

主要機器類編集

制御装置はIGBT素子VVVFインバータ制御であり、ボンバルディア・トランスポーテーション製である。主電動機はかご形三相誘導電動機を採用し、TM1301SPと称される[2]。また台車はインダイレクトマウント空気ばね台車が採用されている。

導入・運用編集

本形式はもともとは2014年12月の納入開始を予定していたが、実際には2016年9月の納入開始となり、路線導入が計画に対して2年以上遅れとなっている。これは、後代のR211が川崎重工への一括発注となる原因にもなった[3]

2017年11月19日J・Z線に4両編成が営業受入試験として営業運転を開始し、11月24日には初めてマンハッタン区内に入線[4]した。本格的な営業運転開始日は同年12月27日である。その後、2018年11月6日からC線でも営業運転を開始した。2019年5月をもって4両編成は導入を完了した。

5両編成は2019年3月12日A線で営業運転を開始した。

今後は2019年頃まで製造が続けられる予定であり、これによりR32およびR42に廃車が発生するものとされている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ これにより、A線C線J線、Z線に導入が計画されていることがわかる。
  2. ^ R179 Traction Motor Build Plate
  3. ^ 牛山知也「川重、米地下鉄1600両受注を発表 NYで首位守る」『日本経済新聞』(日本経済新聞社)、2018年1月25日。2019年3月11日閲覧。
  4. ^ それまでは工事の影響で入線していなかった。

外部リンク編集