ニルス・ダルデル

ニルス・ダルデル(Nils Elias Christoffer von Dardel、1888年10月25日 - 1943年5月25日)はスウェーデンポスト印象派の画家である。

ニルス・ダルデル
Nils Dardel
Självporträtt, Nils von Dardel.jpg
自画像 (1906)
生誕1888年10月25日
スウェーデン,セーデルマンランド県
死没1943年5月25日
アメリカ合衆国,ニューヨーク

略歴編集

セーデルマンランド県のフレーンのBettnaに生まれた。祖父のフリッツ・フォン・ダルデルは王室の役人で画家であり、貴族の称号を得ていた[1]。若い年齢からスウェーデン王立美術院で学んだ。1910年頃、パリに移り、シグリド・イェルテン(Sigrid Hjertén:1885-1948)、アイザック・グリューネヴァルト(Isaac Grünewald:1889-1946)、アイナル・ヨリン(Einar Jolin:1890–1976)、レアンデル・エングストローム(Leander Engström:1886-1927)といったスウェーデン出身のモダニズムの画家たちとパリで活動した。当時の若い画家たちに対して、アンリ・マティスらのフォーヴィスムの影響は大きかったが、ダルデルはポスト印象派や日本の浮世絵版画の色使いから影響を受けたとされる。

海外も旅し1817年に日本で、画家で日本公使館の外交官の娘のニタ・ヴァーレンベリ(Nita Wallenberg:1896-1966)と知り合い結婚の約束をしたがニタの父親の反対で結婚できなかった[2]。1921年に作家のトーラ・ダルデル(Thora Dardel-1995)と結婚し、3人の子供を作ったが1934年に離婚した。1930年以降は日本文学研究者アイヴァン・モリスの母親で作家のアイラ・モリスと関係があったとされる[1]。交友関係にはスウェーデンのバレーのスポンサーとなったロルフ・ド・マレがいて、バレーのセットから着想を得た作品も見られる[3]。両性愛者であったとされる。

ニューヨークで心臓麻痺で死去した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ a b Nils Dardel – Short biography”. Dardel.info. 2015年6月21日閲覧。
  2. ^ ...], [katalogredaktion: Karolina Peterson (2012). Nils Dardel : i skuggan av dandyn; [denna publikation åtföljs av en utställning på Mjellby Konstmuseum – Halmstadgruppens museum i Halmstad]. Halmstad: Mjellby Konstmuseum. p. 16. ISBN 9789198035117 
  3. ^ ...], [eds.: Cecilia Widenheim (2004). Moderna Museet – The Book (2nd printing. ed.). Stockholm: Moderna Museet. pp. Nils von Dardel. ISBN 9789171006967 

参考文献編集

  • Nils von Dardel by Sören Engblom, in Moderna museet - boken, ed. Cecilia Widenheim et al., Stockholm : Moderna museet, 2004 ISBN 91-7100-724-5
  • Nils von Dardel, in Nordisk Familjebok, Stockholm : Nordisk familjeboks förlags aktiebolag, 2nd ed. apn. 1923.