ヌノ・アルヴァレシュ・ペレイラ・デ・メロ

ヌノ・アルヴァレシュ・ペレイラ・デ・メロNuno Álvares Pereira de Melo, 1.º Duque de Cadaval, 1638年11月4日 - 1725年1月29日)は、ポルトガルの貴族、政治家。初代カダヴァル公爵英語版

初代カダヴァル公爵

第3代フェレイラ侯爵ポルトガル語版及び第4代テントゥガル伯爵英語版で、ポルトガル軍総司令官英語版を務めたフランシスコ・デ・メロポルトガル語版と、スペイン貴族第4代ターバラ侯爵スペイン語版の娘フアナ・ピメンテルの間の子。1645年父の死で襲爵したが、直後に遠縁であるジョアン4世王によりカダヴァル公爵に昇叙された。ポルトガル王政復古戦争末期の司令官の1人として軍功を立て、戦争終結の1668年父と同じくポルトガル軍総司令官に選出された。

1660年12月29日、第8代オデミラ伯爵英語版マリア・デ・ファロ(1635年 - 1664年)と最初に結婚し、1男1女をもうけたが、いずれも夭折した。

  • ジョアナ(1661年 - 1669年) - 第9代オデミラ伯爵
  • 息子(1664年)

1671年2月2日、フランス貴族アルクール伯爵の娘マリー=アンジェリーク=アンリエット・ド・ロレーヌ(1646年 - 1674年)と再婚し、1男1女をもうけたが、成人したのは1女のみだった。

1675年6月25日、フランス貴族アルマニャック伯爵の娘マルグリット・ド・ロレーヌ(1662年 - 1730年)と再々婚し、間に10子をもうけた。

外部リンク編集