ヌリトラノオ Asplenium normale D. Don は、チャセンシダ科シダ植物。細長い単羽状複葉の葉をつけ、葉先からよく芽を出す。

ヌリトラノオ
Asplenium normale nuritoranoo01.jpg
ヌリトラノオ
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: シダ綱 Pteridopsida
: ウラボシ目 Polypodiales
: チャセンシダ科 Aspleniaceae
: チャセンシダ属 Asplenium
: ヌリトラノオ A. normale
学名
Asplenium normale D. Don

特徴編集

常緑性の小型の草本[1]根茎は短くて直立か斜めに立ち、鱗片が着く。鱗片は紙質、披針形で先端へ向けて細くなり、尾状に終わる。長さは4mm、幅0.7mmで黒褐色からほぼ黒まで。

葉柄は長さ10cmほどだが15cmに達する例もある。暗紫褐色からほとんど黒までで強いつやがあり、表面には溝と2稜がはっきりしている。葉身は単羽状複葉で、全形は披針形から線状披針形で、基部の方がわずかに狭く、中央より下よりの位置で最大幅、先端に向かって次第に狭くなる。先端は鋭く細く尖るが、軸先端で芽を生じた場合、そこで切れた形で止まる。長さは10-40cm、幅は4.5cm程まで。主軸は翼を持たず、上面に溝があって暗紫褐色。羽片は40対ほどになり、主軸に対して直角に近い角度で出て、柄はなく三角状長楕円形で先端は丸く、長さは2cm、幅は0.6cm程度。縁は浅く切れ込みが入り、基部は切り落とした形で、基部側は狭いくさび形、先端側は突き出して耳状になっている。葉脈は単独か二叉分枝し、先端は葉の縁には届かない。胞子嚢群は長さ1-4mm。

和名は塗虎の尾で、葉の形をトラノオシダになぞらえ、を塗ったような光沢のある葉柄を持つことから[2]

分布と生育環境編集

日本では本州茨城県伊豆半島以西、四国九州琉球列島に分布する。世界的にはヒマラヤからポリネシアにわたる分布域を持つ。森林内の湿った岩の上や、ときにはやや乾燥した地上に出現する[3]。倒木の上に出現することもある[4]

種内変異編集

本種は種内での変異が多い。日本では以下のようなものがある。いずれも主軸の成長に絡むもので、基本変種ではある程度まで伸びたところで不定芽を出し、そこで成長が止まる。

  • var. boreale Ohwi ex KuKurata:シモツケヌリトラノオ
先端より不定芽を生じない。葉は先まで伸び、羽片は次第に小さくなる。また羽片がやや幅広くなる。山林中のやや乾燥した岩の上や地上に出やすい。本州から九州(熊本県)までに渡り、点々と出現する。
  • var. shimurae H. Ito :テンリュウヌリトラノオ
主軸の先の方に不定芽を出すが、主軸はその先まで更に伸び、1枚の葉に2-4個の不定芽を付ける。羽片は幅狭くなる。本州では静岡と紀伊半島、四国東部と南部、九州では宮崎県に点在する[5]。乾燥した岩場に生え、その性状はチャセンシダに似ている。これを別種 A. boreale とする説もある。ただし中間型や雑種もあってややこしいとのこと[6]

近縁種など編集

同属で単羽状複葉の葉が細長くなるものには他にもいくつかある。チャセンシダ A. trichomanes やイヌチャセンシダ A. tripteropus は羽片がより丸っこい。カミガモシダ A. oligophlebium は羽片に鋸歯が大きく、また基部先端側が耳状に強く突出する[7]。他にホウビシダ A. hondoense も同属で単羽状複葉だが、根茎が横に這うなど独自の特徴を持つ。かなり形態的には異なるが、初心者には本種と同じに見えることがあるとのこと。なお、カミガモシダとは混成することがあり、両者の雑種アイヌリトラノオを生じる。これは見た目はほぼヌリトラノオで、ただし稔性がないため、胞子嚢が萎縮している[8]

出典編集

  1. ^ 以下、記載は主として岩槻編(1992),p.150
  2. ^ 牧野(1961),p.45
  3. ^ 岩槻編(1992),p.150
  4. ^ 光田(1986),p.81
  5. ^ 岩槻編著(1992),p.150
  6. ^ 池畑(2006)P.55
  7. ^ 岩槻編著(1992),p.150
  8. ^ 池畑(2006)p.56

参考文献編集

  • 岩槻邦男編、『日本の野生植物 シダ』、(1992)、平凡社
  • 牧野富太郎、『牧野 新日本植物圖鑑』、(1961)、図鑑の北隆館
  • 池端怜伸、『写真でわかるシダ図鑑』、(2006)、トンボ出版
  • 光田重光、『しだの図鑑』、(1986)、保育社