ノヴァーラの戦い (1500年)

ノヴァーラの戦いは、1500年4月8日に勃発した、フランス王ルイ12世率いるフランス軍とルドヴィーコ・スフォルツァ率いるミラノ公国軍との戦いである。

ノヴァーラの戦い (1500年)
イタリア戦争第二次イタリア戦争
Novara 1500.jpg
フランス軍に引き渡されたスフォルツァ。ルツェルン・シリングのイラスト(1513年)。
1500年4月8日 - 4月10日
場所ミラノ(イタリア)
結果 フランスの勝利
衝突した勢力
フランス王国 Flag of the Duchy of Milan (1450).svg ミラノ公国
指揮官
フランス王ルイ12世 ルドヴィーコ・スフォルツァ

1500年3月24日、ルイ2世・ド・ラ・トレモイユが砲兵の支援下でおよそ500人の部隊を連れてモルターラのフランス軍に参加し[1]ディジョンのthe Baillieによるスイス部隊1万人に続いた。4月5日、国王軍の全軍が集結して、ノヴァーラの前でミラノ軍と戦うために進軍した。両軍にはそれぞれ大人数のスイス傭兵が参加していた。ヘルヴェティア州は、彼らの契約締結の際に、他のスイス兵と戦うことを強制されないという契約も結んでいた(スイス部隊は親密であり、異なる旗下であっても飲み交わしていた)。結果として、8日に戦端が開かれた際に、スフォルツァのスイス兵はラ・トレモイユのスイス兵と敵対するのを拒否した。大量砲撃によりスフォルツァ軍がノヴァーラの要塞に退却させられ、数日間、フランス軍に包囲された。ラ・トレモイユは、ノヴァーラとティチーノとの間の防御を固めた。

9日夜から、スフォルツァのスイス兵が反乱を起こし、フランスに対して降伏を交渉した。ドイツのランツクネヒトもこれに同調した。10日に1,500人が降伏し、武装解除の後で荷物を持って故郷に帰ることが許された。彼らの仲間、ランゴバルド人ストラディオット(アルバニアとギリシャの軽騎兵)はノヴァーラから出て、ティチーノへの進路を切り開こうとしたが、フランス軍に強襲された。その間にthe Swiss passed by pairs or threes before the French, where they were examined as the French searched for Sforza, who was thought to be concealed in their midst.スフォルツァは仲間の2人によりフランスに引き渡され、ロシュ城に幽閉され、幅1.8メートル(6フィート)、長さ2.4メートル(8フィート)の牢に入れられた。娯楽のための本を拒否された。1504年、より多くの自由が与えられたが、1508年に亡くなった[2]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Battle of Novara, 8 April 1500”. History of War (2014年9月1日). 2020年2月11日閲覧。
  2. ^ Gallois, N., pp. 30–31.

参考文献編集

  • Gallois, N., Les armées françaises en Italie (1494-1849) (Paris, Bourdilliat, 1859).