メインメニューを開く

ハイブリドーマ(hybridoma)とは、複数の細胞が融合してできた融合細胞のこと。特にモノクローナル抗体を産生する、B細胞骨髄腫がん細胞(ミエローマ)の融合細胞を指すことが多い。ハイブリドーマは通常の細胞培養からも低い頻度で得られるが、融合剤を用いて強制的に融合させる手法が一般的である。

融合法としては、当初はセンダイウイルスが引き起こす細胞融合が用いられたが、その後ポリエチレングリコール法や電気パルスによる電気融合法にとって替わられた。

参考編集